本文へジャンプ
山口県周南市
 
文字サイズ
文字拡大文字標準文字縮小
背景切り替え
音声読み上げ
サイトマップ
各課のページ意見・問い合わせ
矢印くらしの情報
矢印観光・イベント情報
矢印事業者向け情報
 
  
 

「回天」



回 天 誕 生

 1943年(昭和18年)夏、日本の敗退が続く中、二人の青年士官が戦局を逆転するには体当たりによる特攻しかないと、人間魚雷を構想。その後、戦局はさらに悪化し、海軍省はついに試作兵器を完成させ、1944年(昭和19年)8月、正式兵器として採用された。祖国を守りたいとの一心から、特攻兵器「回天」は誕生したのである。
 そして同年9月、試験発射場のあった大津島に回天基地が開設され、全国から多くの若者たちが集まってきた。

回天模型
展示コーナー回天特別攻撃隊への志願

 終戦までに訓練を受けた回天搭乗員は1375人にも及んだ。そのほとんどが兵学校・機関学校出身の若者、学徒や学生出身の予備学生、20歳に満たない予科練出身者たちだった。年齢も17歳から多くても28歳、大多数は20歳前後の若者であった。
 回天による戦没者は、搭乗員、整備員他145名、没時の平均年齢は21.1歳である。

出  撃


 出撃隊が編成され出撃が決まると、最後の別れのため、我が家に帰ることが許された。しかし、秘密作戦であったため、死への旅路に出発することは家族にさえ知らされなかった。

 出撃の朝。隊員たちは、多くの戦友に見送られながら桟橋へと歩いていく。隊員たちは湾内に停泊している潜水艦に乗り込んだ。「出航」の合図があがり、回天を搭載した潜水艦はわずかに白煙を残し、音もなく進んでいった。

回天碑
平和への道
 太平洋戦争後、世界は平和への道を歩み始めた。しかし、世界には今もなお、たくさんの問題が残されている。
 祖国や愛する者たちを思い、懸命に生きた若者たち。その若者たちが自らの命をかけて私達に贈ろうとした「平和」。
 今を生きる私たちは、地球上に起きる様々な問題について一人ひとりが考えて行動するとともに、平和への努力を続けてゆかなければならない。




回天(○六(マルロク)金物一型)
 回天は、秘密保持のため、「○六兵器」と呼ばれた。回天の母体となった九三式魚雷は、酸素魚雷といわれるもので、終戦まで秘密のベールに覆われていた高性能魚雷であった。隠密性にすぐれ、爆薬を多量に積載することができた。また、各国の魚雷に比べ航続距離もはるかに長く、驚くべき威力を持っていた。
 
 この九三式魚雷の中央部に、乗員のための操縦室などを取り付けたのが回天である。
                  回天の解説へ→

回天の構造

文化スポーツ課(文化担当)
TEL:0834-22-8622
FAX:0834-22-8428
E-mail :ed-sports@city.shunan.lg.jp


前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
このサイトは、VeriSign(ベリサイン)のSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)