本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
 

その他高齢者福祉に関する事業

更新日: 2016年9月26日

その他高齢者福祉に関する事業

生活支援サービス以外には、下記のような事業や、各団体への助成事業などを実施しています。

地域福祉課トップページへ戻る


 

このページでご紹介するサービス等の一覧は次のとおりです。(詳しくご覧になりたい項目をクリックしてください)

サービス等一覧
サービス等の名称
 敬老の日記念行事の開催
 長寿祝金
 ふれあい・いきいきサロン
 老人クラブ連合会(輝きクラブ周南)・老人クラブ助成事業
 成年後見制度利用支援事業
 在日外国人等高齢者福祉給付金支給事業
 高齢者虐待防止ネットワーク運営事業



 

敬老の日記念行事の開催

 国民の祝日に関する法律第2条並びに老人福祉法第5条に基づき、広く国民が老人の福祉についての関心と理解を深め、かつ、老人が自らの生活向上に努める意欲を高め、国民に老人福祉思想の啓発普及に資することを目的とし、各地区を単位として記念行事を開催しています。

【対象】市内に居住し、年中に75歳以上になる高齢者

【内容】敬老の日を中心に、市内各地区で記念式典等を開催します。

【問い合わせ】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)へお問い合わせ下さい。

サービス等一覧表へ戻る


 

長寿祝金

サービス等一覧表へ戻る

【問い合わせ】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)へお問い合わせ下さい。

【支給額】10,000円

【内容】毎年9月以降に支給します。

【対象】市内に居住し、年中に88歳及び99歳以上となる高齢者

 高齢者の福祉の増進と敬老精神の高揚に寄与するため祝金を支給します。


 

ふれあい・いきいきサロン

 地域の虚弱高齢者に対し、地元住民とのふれあい交流の場を提供し、生きがいとともに、社会参加意欲を高め、高齢者の不安等の軽減を図ります。

【対象】市内に住所を有し、在宅で閉じこもりがちな65歳以上の高齢者

【内容】趣味、健康、レクリエーション活動等を行います。(自己負担有り)

【問い合わせ】ご利用になられる場合は、下記にお問い合わせ下さい。
ふれあい・いきいきサロン問い合わせ先一覧表
事業所名
支部名
所在地
電話
周南市社会福祉協議会徳山支部速玉町3-170834-22-8700
新南陽支部古川町1-170834-62-4981
熊毛支部安田30-20833-92-0027
鹿野支部鹿野中734-40834-68-2998

サービス等一覧表へ戻る


 

老人クラブ連合会(輝きクラブ周南)・老人クラブ助成事業

 老人クラブが、高齢者の知識や経験等を生かし、生きがい、奉仕、健康づくり等地域で幅広く展開していくことが出来るよう補助金を交付しています。

【問い合わせ】輝きクラブ周南事務局(電話 0834-22-8711)にお問い合わせください。

サービス等一覧表へ戻る


 

成年後見制度利用支援事業

 判断能力が不十分な認知症高齢者等に対し,成年後見人制度利用の支援を行うことにより,要支援者がその有する能力を活用し,自らが希望する自立した日常生活を営むことができる環境の整備を行います。

【対象】申立ての対象者は、要支援者であり、かつ、配偶者若しくは四親等(二親等)内の親族がない人又はこれらの親族があっても音信不通の状況等にある人で、市長が本人の保護のために申立てを行うことが必要と認めた人

【内容】認知症高齢者等、判断能力が不十分で、自分で財産の管理や契約等ができない場合に、市長が本人・親族に代わり家庭裁判所に申立てをして、成年後見人、保佐人、補助人を決めてもらい、その人が契約等の法律行為の代理等をする制度で、申立ての手続きにかかる経費を助成します。(負担能力がある場合等は、後見人等が決定した後に、手続きにかかった経費を請求する場合があります。)

【問い合わせ】市地域福祉課 もやいネットセンター担当窓口(電話 0834-22-8200)又は地域包括支援センターにお問い合わせ下さい。

サービス等一覧表へ戻る


 

在日外国人等高齢者福祉給付金支給事業

 高齢者のうち、国民年金制度上、老齢基礎年金等の受給資格を得ることのできなかった外国人及び帰国者等に対し給付金を支給することにより、福祉の推進を図ります。

【対象】

  1. 大正15年4月1日以前に出生し、昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っている方で、現在本市に外国人登録を行っている方のうちから永住許可を受けている方 
  2. 明治44年4月1日以前に出生し、昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っていた方のうち、満70歳以降に日本国籍を取得した方で、現在本市に住民登録を行っている方 
  3. 明治44年4月2日以降大正15年4月1日以前に出生し、昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っていた方のうち、昭和36年4月1日以降に日本国籍を取得し、年金受給資格期間を制度上満たすことが出来ない方 
  4. 明治44年4月2日以降大正15年4月1日以前に出生し、昭和36年4月1日以降に日本に帰国した方のうち、年金受給資格期間を制度上満たすことができない方で、現在本市に住民登録を行っている方

【内容】給付期間は申請を行った日の属する月の翌月から、受給資格者がその受給資格を喪失した日の属する月までです。ただし、受給資格者や配偶者、扶養義務者の市民税所得割額が一定額を超えた場合は一年間給付を停止します。また、その他にも支給停止要件があります。

【給付金額】月額10,000円

【問い合わせ】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)にお問い合わせ下さい。 

サービス等一覧表へ戻る



 

高齢者虐待防止ネットワーク運営事業

 地域包括支援センターを中軸とし、運営委員会を設置し、高齢者の虐待ケースのケアマネージメント・ネットワークの構築、講習会等の開催をしています。

【問い合わせ】最寄の地域包括支援センターまたは市地域福祉課 もやいネットセンター担当窓口(電話 0834-22-8200)にお問い合わせ下さい


高齢者への虐待について


次のようなことは、高齢者への虐待です。虐待を受けている方や地域の中で虐待を疑うようなことに気づいた方は、一人で悩まないで、ご相談下さい。

  • 身体的虐待・・・暴力をふるう。外部との接触を意図的に断つ。 
  • 心理的虐待・・・言葉や態度で精神的な苦痛を与える。 
  • 経済的虐待・・・財産やお金を勝手に使う。正当な理由もなくお金を使わせない。 
  • 介護・世話の放棄・・・介護や世話をしない。または結果としてしていない。 
  • 性的虐待・・・本人がいやがる性的な行為やその強要。


また、介護をしている方が介護疲れやストレスをひとりで抱え込まないように、家族、地域であたたかく見守り、支えあっていきましょう。介護疲れを感じたり、介護の方法や家族関係等で悩みがある方は、一人で悩まないで、ご相談下さい。


周南市では高齢者虐待防止に取り組んでいます

高齢者虐待の問題は、地域全体で支えあうことが大切です。何か心配なこと、気になることはありませんか?ひとりで悩まずにまずは上記の問い合わせ先までご相談ください。

サービス等一覧表へ戻る



このページに関するお問い合わせ先はこちらです

周南市福祉医療部地域福祉課

〒745‐0032  山口県周南市銀座2‐13

電話 0834-22-8462 (地域包括ケア推進担当)
    0834-22-8200 (もやいネットセンター担当)
FAX  0834-22-8396
E-mail fukushi@city.shunan.lg.jp

周南市福祉医療部高齢者支援課
電話 0834-22-8461 (高齢者支援担当)
FAX  0834-22-8251
E-mail koreishien@city.shunan.lg.jp




前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ