本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
 

要援護高齢者等の高齢者福祉サービス

更新日: 2016年9月26日

要援護高齢者等へのサービス

周南市では、介護保険制度以外にも、介護予防を目的とした在宅福祉サービス等の各種高齢者生活支援サービスを実施しています。以下にご紹介するサービスは、要援護高齢者向けの在宅福祉サービスです。
 サービスが必要な状況になった時は、お気軽にご相談下さい。

地域福祉課トップページへ戻る

 

このページでご紹介するサービス一覧

見守り配食事業
緊急通報システム
老人日常生活用具給付
生活管理指導短期宿泊事業(ショートステイ)
老人福祉電話貸与・助成事業
はり・きゅう・あん摩マッサージ施術費の助成
 

見守り配食事業

在宅において見守りが必要で食事を確保することが困難な高齢者、重度身体障害者等に対する事業で、高齢者等の健康維持及び安否確認を行います。

【対象】家族からの援助が認められず、安否確認の必要な65歳以上のひとり暮らし高齢者または高齢者のみの世帯等で、心身の機能障害等により外出や調理が困難な人、又は認知症等により日常生活に支障のある人。または、上記の世帯要件に準ずる重度身体障害者。

【利用回数】1日あたり昼食・夕食の内どちらか1食で、必要と認められた回数
※制度改正により平成25年4月1日から、1日1食になりました。  
※平成25年3月以前から配食を利用されている方は、平成25年10月1日から実施となります。
(9月30日までは移行期間として、これまでどおりです)   

事業所

見守り配食事業所一覧表
事業所名
所在地
電話
JA給食センター周南市大字下上2103番地の10834-62-4041
(株)メディス岩国支店岩国市御庄4-106-70827-46-0145
宅配クック123周南市原宿町7-270834-34-5521
(株)かの高原開発  石船温泉周南市大字鹿野上1667-40834-68-2542

【費用負担】
1.市民税課税者・・・610円
2.生活保護受給者及び市民税非課税者・・・410円
※かの高原開発 石船温泉のご利用は鹿野地区・大向地区にお住まいの方に限ります。    

【申込み】担当のケアマネージャー、もしくは最寄の地域包括支援センターへお問い合わせ下さい。


 

緊急通報システム事業

 日常生活に不安のあるひとり暮らし等の高齢者又は重度身体障害者に対し、安否確認及び緊急事態等の発生時に適切な処置をするとともに、各種相談等も行い、生活支援と在宅福祉の増進を図ります。

【対象】居宅に電話回線が設置されている65歳以上のひとり暮らし高齢者及び重度身体障害者

【内容】月1回の安否確認、各種相談の受付、救急車要請依頼他

【費用負担】月540円(生活保護受給者及び市民税非課税世帯に属し前年の合計所得金額と課税年金収入の合計が80万円以下の方は無料)

緊急通報センター

緊急通報センター名称等
事業所名
所在地
電話
周南マリコム株式会社 サスケセンター入船町2-30834-22-8030

【申込み】最寄の民生委員または市地域福祉課 もやいネットセンター担当窓口(電話 0834-22-8200)にお問い合わせ下さい。※申込時に民生委員のご意見をいただいております。


 

老人日常生活用具給付

要援護ひとり暮らし高齢者等に対し、日常生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。

【対象】在宅の65歳以上のひとり暮らし高齢者

給付内容及び対象要件等

老人日常生活用具一覧表
種目 対象者要件 給付
限度額
介護保険制度との併給
電磁調理器認知症又は物忘れが多くガス調理器具の使用により火災を起こすおそれのあるひとり暮らし高齢者等22,000円
火災警報器認知症又は物忘れが多く火災を起こすおそれのあるひとり暮らし高齢者等15,500円
自動消火器同上28,700円
腰掛便座虚弱、傷病、加齢等に伴う心身機能の低下により日常生活を営むのに支障があるひとり暮らしの高齢者等15,000円不可
入浴補助用具同上15,000円不可
歩行支援用具同上25,000円不可
シルバーカー転倒の危険性が高いと認めれられるひとり暮らし高齢者等で単独外出の必要性のある人15,000円

【費用負担】給付限度額を超えた部分についてはご負担いただきます。また、生計中心者の前年中の所得税額に応じて費用の一部をご負担いただきます。(0円~全額負担)

【申込み】最寄の地域包括支援センターへお問い合わせ下さい。

 

生活管理指導短期宿泊事業(ショートステイ)

 基本的生活習慣が欠如していたり、社会適応が困難な在宅の高齢者を養護老人ホーム等に一時的に宿泊させ、日常生活等の指導を行うとともに、給食の提供等により体調の調整を図ります。

【対象】在宅でおおむね65歳以上の要介護認定を受けていない高齢者

【サービス内容】生活習慣等の指導、健康管理等

【費用負担】利用料1日につき400円(給食費として1食につき400円)、特別養護老人ホームやまなみ荘利用の場合は1日につき2,250円(食事込)

実施施設

生活管理指導短期宿泊事業実施施設一覧表
施設名
所在地
電話
養護老人ホーム きさんの里西金剛山84050834-21-1191
特別養護老人ホーム やまなみ荘鹿野上2755-10834-68-4100
養護老人ホーム 久楽荘岩国市玖珂町6382 0827-82-2129
養護老人ホーム 周防長養園光市立野7170833-77-0096
養護老人ホーム 寿海苑平生町大字曽根126-20820-56-7335

【申込み】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)にお問い合わせ下さい。

 

老人福祉電話貸与・助成事業

在宅のひとり暮らしの市民税非課税者に対し、市の電話加入権を貸与し、高齢者の孤独感を和らげると共に関係機関及び地域住民の協力を得て、安否の確認をします。

【対象】65歳以上の在宅で安否確認の必要なひとり暮らし高齢者で、市民税非課税世帯の方現に電話等通信手段を有していない方 ※携帯電話所持は対象外

【内容】市電話加入権を貸与し、基本料金、屋内配線使用料、消費税を助成します。また、新規設置及び撤去に係る工事費も助成します(転居の際の移転に係る工事費用は除きます)。

【申し込み】市高齢者支援課 もやいネットセンター担当窓口(電話 0834-22-8200)または最寄の民生委員にお問い合わせ下さい。


 

はり・きゅう・あん摩マッサージの施術費の助成

 はり・きゅう・あん摩マッサージ施術費の一部を助成することで、老後の生活と心身の安定や健康福祉の増進を図ります。  ※医療保険制度ではありません。

【対象】 市内に住所を有する長寿医療(後期高齢者医療)被保険者および満70歳以上の国民健康保険以外の健康保険に加入している高齢者

【内容】 市と協定を交わしているはり・きゅう・あん摩マッサージ院で施術を受けた場合、市が施術費の一部を助成します。

※施術を受けられる際には、長寿医療(後期高齢者医療)被保険者は印鑑と被保険者証、それ以外の方は印鑑、健康保険証、市が発行する受給資格者証を施術所へご持参ください。
※1日1回、1か月12回までです。
※往診(出張)の施術は対象外です。

【助成額】 1術(はり・きゅう・あん摩マッサージのうちいずれか1つを施術した場合)は800円、併術(はり・きゅう・あん摩マッサージのうちいずれか2つ以上を同時に施術した場合)は1,000円を助成。
※施術所では、助成金額を差し引いた額をお支払ください。

【受給資格者証の申し込み】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)又は各総合支所福祉担当窓口で、健康保険証と印鑑持参のうえ申請をして下さい。即日、受給資格者証を発行いたします。
※各支所でも申請を受付いたしますが、受給資格者証は後日の発行となります。
受給資格者証申請書様式PDFファイル

お問い合わせ

周南市福祉医療部地域福祉課
〒745-0032  山口県周南市銀座2-13
電話 0834-22-8200 (もやいネットセンター担当)
FAX  0834-22-8396
E-mail koreishien@city.shunan.lg.jp

周南市福祉医療部部高齢者支援課
電話 0834-22-8461 (高齢者支援担当)
FAX  0834-22-8251
E-mail fukushi@city.shunan.lg.jp

前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ