本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
 

介護保険Q&A


目次


市役所への届出・手続きについて

  アイコン 介護保険への加入・認定申請について

  アイコン 転居・転入・転出したとき

  アイコン 介護保険被保険者証を紛失したとき

  アイコン 介護保険関係書類の送付先を変更したいとき

  アイコン お亡くなりになられたとき


介護保険料について

  アイコン 転出したとき、お亡くなりになられたとき

  アイコン 保険料を納めすぎたとき


サービスの利用について

  アイコン 在宅でサービスを利用するとき

  アイコン 施設に入所してサービスを利用するとき

  アイコン サービスの内容について不満や苦情があるとき



市役所への届出・手続きについて

 

アイコン 介護保険への加入・認定申請について


Q 65歳になったときには、介護保険に加入するための手続きが必要ですか


 自動的に加入者(被保険者)になりますので、加入のための手続きは必要ありません。
 周南市
では、毎月65歳到達月の前月末に、本人の住所地宛に、郵便で介護保険被保険者証を送付しています。

 65歳になったことによってどのような点が変わるのでしょうか


 介護保険サービスの利用条件が変わります。
た、介護保険料の納め方も変更されます。

Q 介護保険サービスを受けたいと思いますが、どのような手続きが必要なのでしょうか

 介護保険サービスをご利用いただく場合には、要介護認定を受けてください。

 サービス利用までの流れはこちらをご覧ください
 

アイコン 転居・転入・転出したとき


Q 介護保険被保険者証を持っていますが、周南市内で転居しました。なにか手続きが必要ですか

 周南市
役所の市民課または各総合支所担当窓口(住民異動担当課)で、転居届の手続きをしてください。
 その後、被保険者証に表記されています住所の書き換えをしますので、介護保険被保険者証を、市の介護保険担当窓口(市高齢者支援課または各総合支所介護保険担当)へお持ち下さい。

Q 介護保険被保険者証を持っていますが、周南市外へ転出することになりました。なにか手続きが必要ですか


 周南市住民異動担当課窓口で、転出の手続きをしてください。
 その後、介護保険被保険者証を、市の介護保険担当窓口へご返却ください。

 転出日をもって、周南市での資格は喪失となります。

(介護保険料の精算については、こちらの転出したとき、お亡くなりになられたときのページをご覧ください)



 なお、要介護認定を受けている人が、周南市外へ転出される場合には、転出手続きの際、認定を受けていることの証明書類(受給資格証明書)を、住民異動担当課窓口にてお渡しします。それを持って、新住所地の市町村役場へ、14日以内に必ず転入の手続きと併せて、受給資格証明書を提出してください。(40歳~64歳までの人で、要介護認定を受けている場合も同様です。)



注:周南市外の施設に入所する場合には、取扱いが異なります。(くわしくはこちら)

Q 他市町村から周南市に転入してきました。なにか手続きが必要ですか

 周南市
の住民異動担当課窓口で、転入の手続きを14日以内に行ってください。
 転入日をもって、周南市の資格取得となり、65歳以上の方であれば、本人あてに介護保険被保険者証を郵送します。

 周南市にお支払いいただく介護保険料額については、資格取得日の属する月から、当該年度分を月割りで計算いたします。(後日、周南市から「介護保険料額決定通知書」を送付いたしますので、ご確認ください。)



 なお、前住所地市町村で要介護認定を受けていた人は、転入の手続きの後、前住所地の市町村役場からお持ちいただいた受給資格証明書を、介護保険担当窓口へ提出してください。引き続き6ヶ月間、要介護認定が継続されます。(40歳~64歳までの人で、要介護認定を受けている場合も同様です。)



注:周南市内の施設に入所する場合には、取扱いが異なります。(くわしくはこちら)
 
Q 周南市から、他市町村の施設へ入所することになりました。なにか手続きが必要ですか

 住所地特例といって、他市町村の施設所在地に住民票を異動しますが、介護保険の保険者は周南市のままとなる場合があります。
 対象となる施設は、介護保険施設、軽費老人ホーム・有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅・養護老人ホームなどです。
 これら施設へ入所される場合には、
介護保険被保険者証の住所変更を行いますので、住民異動担当課窓口で転出手続きを行った後、被保険者証を介護保険担当窓口へお持ちください。(要介護認定の有無は関係ありません)
 
Q 他市町村から、周南市内の施設へ入所することになりました。なにか手続きが必要ですか


 他市町村住所地特例といって、周南市の施設所在地に住所を置いても、引きつづき元の住所地市町村の被保険者となる場合があります。
 対象となる施設は、周南市内の介護保険施設、軽費老人ホーム・有料老人ホーム・養護老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅です。
 介護保険被保険者証は、前住所地市町村のものを引き続きご利用いただくこととなります。周南市からは被保険者証が発行されませんので、ご注意、ご確認をお願いします。 
 また、65歳以上の人は、介護保険料も前住所地市町村に納めていただくことになります。
 

アイコン 介護保険被保険者証を紛失したとき


Q 介護保険被保険者証を紛失しました。再発行してほしいのですが


 介護保険被保険者証を失くしたり、破れたりして使えなくなったときは、「介護保険被保険者証等再交付申請書」をご提出いただき、再交付を受けてください。申請用紙は、市の窓口(市高齢者支援課または各総合支所・支所)にあります。
 なお、本人以外の人が窓口に来られる場合には、窓口に来られる方の印鑑(認印で結構です)をご持参ください。
 

アイコン 介護保険関係書類の送付先を変更したいとき


Q いま一人暮らしをしていますが、書類などの管理は、別居している家族に任せています。介護保険関係の書類を、直接家族のところへ届けてほしいのですが

 市の窓口に、「送付先変更届出書」という書類があります。
 その届出用紙に、届出の理由や、送付先変更対象者との関係をご記入いただき、市の窓口にご提出ください。
 届出用紙は、市高齢者支援課または各総合支所・支所にあります。
 なお、いちど指定した送付先住所を取り消す場合や、別の送付先を新たに指定する場合には、改めて届け出をする必要がありますので、ご注意ください。
 
 

アイコン お亡くなりになられたとき


Q 介護保険被保険者証を持っていた者が死亡しました。なにか手続きが必要ですか


 お亡くなりになられた日の翌日付で、介護保険の資格が喪失します。介護保険被保険者証を、市の窓口にご返却ください。(「介護保険資格喪失届」という書類を、市の窓口にご提出いただく形になります


介護保険料について

 

アイコン 転出したとき、お亡くなりになられたとき


Q 65歳以上の者が周南市外へ転出しました。介護保険料はどうなるのですか


 周南市外へ転出したり、お亡くなりになった場合には、周南市の介護保険の資格を喪失することになります。その際、65歳以上の方については、その資格喪失日の属する月の前月までの期間で、月割りで介護保険料を精算いたします。


(例)9月15日に他の市町村に転出した場合


 4月から8月まで(5ヶ月分)・・・周南市に介護保険料を納めます

 9月から3月まで(7ヶ月分)・・・転出先の市町村へ介護保険料を納めます



 上記のような場合、転出先のご住所地へ、周南市から「介護保険料額変更通知書」をお送りいたしますので、ご確認ください。

 なお、転出先市町村へ納付する介護保険料の額については、転出先市町村へ直接お問合わせください。
 

 

アイコン 保険料を納めすぎたとき


Q 介護保険料を納めすぎた場合には、どうなるのですか


 納め過ぎた介護保険料があった場合には、還付通知書をお送りします。

 その際、同封しております還付請求書等に必要事項をご記入のうえ、市の窓口にご提出ください。(郵送可)
なお、還付金の請求権は、通知書をお送りした日から2年経過すると、時効により、請求権が消滅してしまいますので、ご注意ください。

介護保険サービスの利用について

 

アイコン 在宅でサービスを利用するとき


 在宅でサービスを利用する場合、担当ケアマネジャーはどのように決まるのでしょうか


 在宅で介護保険サービスをご利用いただく場合、サービス計画(ケアプラン)を作成する必要があります。(くわしくはこちらをご覧ください)


 要支援1または2の場合には、お住まいの地区を担当する地域包括支援センターと契約し、地域包括支援センター(もしくは地域包括支援センターから委託を受けた居宅介護支援事業所)が介護予防ケアプランを作成します。


 要介護15の場合には、居宅介護支援事業者と契約を結び、事業所に所属するケアマネジャーにケアプランの作成を依頼します。居宅介護支援事業者は利用者が自由に選ぶことができ、途中で契約事業者を変更することもできます。
 なお、契約している居宅介護支援事業者を変更する場合には、いまの居宅介護支援事業者との契約を解除した上で、新しい事業者と契約し直す必要があります。その際には、契約内容をご確認のうえ、事前にいまの担当ケアマネジャーと、変更先のケアマネジャーへ連絡してください。
Q 在宅でサービスを利用したいのですが、サービスの利用回数などは、自分で選択できるのですか? また、サービスを受けている途中で、サービス提供事業所を変更したい場合はどうすればよいのですか


 在宅でサービスを利用する場合、要介護度や生活環境によって、利用できるサービスの種類・利用範囲は一部異なりますが、原則として居宅サービスの利用については、利用者が選択することができます。
ケアプランを作成するときに、ケアマネジャー(
要支援1または2の場合には地域包括支援センター)に要望を伝えてください。また、サービスを受けている途中で、サービス提供事業所を変更したくなった場合にも、ケアマネジャー(要支援1または2の場合には地域包括支援センター
にご相談ください
 

アイコン 施設に入所してサービスを利用するとき

Q 介護保険施設に入所するためには、どのような手続きが必要なのでしょうか


 介護保険施設に入所する場合には、要介護1~5までの、いずれかの認定を受ける必要があります。(施設入所を希望している方で、まだ要介護認定を受けていない場合は、認定申請をおこなってください)
 介護保険施設サービスのご利用にあたっては、直接施設へ申し込みを行い、入所費用やサービスの提供内容などをよくご確認のうえ、契約を結びます。


 入所費用については施設サービスの場合には、在宅でサービスを利用するときのように支給限度額はありませんが、その方の要介護度等により利用料金が決められています。また、施設サービスの利用料金の他に、食費や居住費・日常生活費(娯楽代や理美容代など)がかかります。詳しくは直接施設にお問い合わせください。


 なお、低所得者に対する食費・居住費の負担軽減制度(ショートステイの利用も含む)があります。くわしくはこちらをごらんください。


 施設サービスの提供にあたっては、居宅サービスを利用するときと同じように、施設内でどのように生活や介護を行っていくかという施設サービス計画(ケアプラン)を作成します。施設内のケアマネジャーが本人や家族と相談したうえで作成されます(費用の本人負担はありません)。


注: 施設入所を希望している場合でも、施設の空き状況によっては利用できない場合があります。詳しくは、施設へ直接お問合わせください。

 

アイコン サービスの内容について不満や苦情があるとき


Q 利用しているサービスの内容に不満や不服があるのですが。

 介護保険サービスを利用するうえで、疑問や不満等があるときは、まず担当ケアマネジャー(要支援1または2の場合には地域包括支援センター)とよく話し合いましょう。


 サービスの内容が説明や約束(契約)と違うなど、サービス内容について不満や苦情があるときは、事業者と直接話し合ってください。(居宅介護支援事業所、居宅・施設サービス提供事業所に、それぞれ相談・苦情対応窓口があります)

 事業者と話し合っても納得できない場合は、市高齢者支援課にご相談ください。

 また、市高齢者支援課以外にも、サービスについての苦情に対応する窓口があります。


【山口県国民健康保険団体連合会】

 介護保険サービスの苦情に対応する専門機関です。受け付けた苦情について調査し、必要に応じて事業者を指導します。


山口県国民健康保険団体連合会  083(995)1010

このページに掲載されている情報の発信元
アイコン周南市役所 福祉部 高齢者支援課
〒745-0032 山口県周南市銀座2丁目13番地
電話 介護給付・保険料担当 0834(22)8467
    介護認定担当 0834(22)8343    

前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ