本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
 

高齢者福祉サービス

更新日: 2017年5月17日
 

このページでご紹介するサービス等の一覧は次のとおりです。(詳しくご覧になりたい項目をクリックしてください)

サービス等一覧
サービス等名称
 老人日常生活用具給付
 生活管理指導短期宿泊事業(ショートステイ)
 はり・きゅう・あん摩マッサージ施術費の助成
 車椅子の貸与
 ねたきり高齢者紙おむつ給付
 敬老の日記念行事の開催
 長寿祝金
 老人クラブ連合会(輝きクラブ周南)・老人クラブ助成事業
 在日外国人等高齢者福祉給付金支給事業


  

老人日常生活用具給付

要援護ひとり暮らし高齢者等に対し、日常生活用具を給付することにより、日常生活の便宜を図ります。

【対象】在宅の65歳以上のひとり暮らし高齢者


老人日常生活用具一覧表
種目 対象者要件 給付
限度額
介護保険制度との併給
電磁調理器認知症又は物忘れが多くガス調理器具の使用により火災を起こすおそれのあるひとり暮らし高齢者等22,000
火災警報器認知症又は物忘れが多く火災を起こすおそれのあるひとり暮らし高齢者等15,500
自動消火器同上28,700
腰掛便座虚弱、傷病、加齢等に伴う心身機能の低下により日常生活を営むのに支障があるひとり暮らしの高齢者等15,000不可
入浴補助用具同上15,000不可
歩行支援用具同上25,000不可
シルバーカー転倒の危険性が高いと認めれられるひとり暮らし高齢者等で単独外出の必要性のある人15,000

【費用負担】給付限度額を超えた部分についてはご負担いただきます。また、生計中心者の前年中の所得税額に応じて費用の一部をご負担いただきます。(0円~全額負担)

【申込み】最寄の地域包括支援センター又は在宅介護支援センターへお問い合わせ下さい。


サービス等一覧表へ戻る


  

生活支援短期宿泊事業(ショートステイ)


 基本的生活習慣が欠如していたり、社会適応が困難な在宅の高齢者を養護老人ホーム等に一時的に宿泊させ、日常生活等の指導を行うとともに、給食の提供等により体調の調整を図ります。

【対象】在宅でおおむね65歳以上の要介護認定を受けていない高齢者

【サービス内容】生活習慣等の指導、健康管理等

費用負担】利用料1日につき400円(給食費として1食につき400円)、特別養護老人ホームやまなみ荘利用の場合は1日につき2,250円(食事込)

【実施施設】

生活支援短期宿泊事業実施施設一覧表
施設名
所在地
電話
養護老人ホーム きさんの里西金剛山84050834-21-1191
特別養護老人ホーム やまなみ荘鹿野上2755-10834-68-4100
養護老人ホーム 久楽荘岩国市玖珂町6382 0827-82-2129
養護老人ホーム 周防長養園光市立野7170833-77-0096
養護老人ホーム 寿海苑平生町大字曽根126-20820-56-7335


【申込み】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)にお問い合わせ下さい。


サービス等一覧表へ戻る


  

はり・きゅう・あん摩マッサージの施術費の助成

はり・きゅう・あん摩マッサージ施術費の一部を助成することで、老後の生活と心身の安定や健康福祉の増進を図ります。  ※医療保険制度ではありません。

【対象】 市内に住所を有する長寿医療(後期高齢者医療)被保険者および満70歳以上の国民健康保険以外の健康保険に加入している高齢者

【内容】 市と協定を交わしているはり・きゅう・あん摩マッサージ院で施術を受けた場合、市が施術費の一部を助成します。

※施術を受けられる際には、長寿医療(後期高齢者医療)被保険者は印鑑と被保険者証、それ以外の方は 印鑑、健康保険証、市が発行する受給資格者証を施術所へご持参ください。
※1日1回、1か月12回までです。
※往診(出張)の施術は対象外です。

【助成額】 1術(はり・きゅう・あん摩マッサージのうちいずれか1つを施術した場合)は800円、併術(はり・きゅう・あん摩マッサージのうちいずれか2つ以上を同時に施術した場合)は1,000円を助成。   ※施術所では、助成金額を差し引いた額をお支払ください。

【受給資格者証の申し込み】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)又は各総合支所福祉担当窓口で、健康保険証と印鑑持参のうえ申請をして下さい。即日、受給資格者証を発行いたします。

※各支所でも申請を受付いたしますが、受給資格者証は後日の発行となります。

受給資格者証申請書様式PDF

助成を受けることのできる施術所はこちらをご覧ください。


サービス等一覧表へ戻る


  

車椅子の貸与

高齢者等に対し、医療、通院、旅行など一時的に車椅子が必要となった場合、車椅子を貸し出すことにより、日常生活上の便宜を図ります。

【対象】高齢者、障害者

【内容】貸出期間は原則2週間以内です。費用は無料です。

【申し込み】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)へお問い合わせ下さい。

サービス等一覧表へ戻る


  

ねたきり高齢者紙おむつ給付

 65歳以上のねたきり高齢者又は認知症高齢者を在宅で介護している家族に対し、紙おむつを給付することにより、介護者の介護を容易にし、経済的な負担を軽減します。

【対象】ねたきりまたは認知症により、常時失禁状態にあり、かつ、今後もその状態が継続し、紙おむつが必要であると認められる65歳以上のねたきり高齢者等を在宅で介護している家族で、紙おむつ利用者の属する世帯及び介護している家族の世帯が市民税非課税世帯であること。

※常時失禁状態であっても、ねたきり及び認知症のランク(要介護認定の訪問調査票等から判定いたします)によっては対象とならない場合があります。

※医療機関への入院、特別養護老人ホーム・老人保健施設やグループホーム・有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅等の施設入所中の方は対象となりません。

【内容】下記の給付内容で、業者から1か月に1回、1か月分の紙おむつ(現物)が配達されます。年度途中の申請の場合は、申請月の翌月から給付を開始します。

【給付内容】

  • 要介護4または5の方…1か月あたり4000円分の現物を給付
  • 上記以外の方…1か月あたり2000円分の現物を給付

【申込み】市高齢者支援課 介護認定担当窓口(電話 0834-22-8343)・各総合支所・各支所へお問い合わせ下さい。


【申請書】

 ・周南市ねたきり高齢者紙おむつ給付申請書(平成28年7月19日現在)

 ・紙おむつ配達業者一覧(平成28年7月19日現在)

サービス等一覧表へ戻る



 

敬老の日記念行事の開催

 国民の祝日に関する法律第2条並びに老人福祉法第5条に基づき、広く国民が老人の福祉についての関心と理解を深め、かつ、老人が自らの生活向上に努める意欲を高め、国民に老人福祉思想の啓発普及に資することを目的とし、各地区を単位として記念行事を開催しています。

【対象】市内に居住し、年中に75歳以上になる高齢者

【内容】敬老の日を中心に、市内各地区で記念式典等を開催します。

【問い合わせ】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)へお問い合わせ下さい。

サービス等一覧表へ戻る


 

長寿祝金

 高齢者の福祉の増進と敬老精神の高揚に寄与するため祝金を支給します。

【対象】市内に居住し、年中に88歳及び99歳以上となる高齢者

【内容】毎年9月以降に支給します。

【支給額】10,000円

【問い合わせ】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)へお問い合わせ下さい。

サービス等一覧表へ戻る



 

老人クラブ連合会(輝きクラブ周南)・老人クラブ助成事業

 老人クラブが、高齢者の知識や経験等を生かし、生きがい、奉仕、健康づくり等地域で幅広く展開していくことが出来るよう補助金を交付しています。

【問い合わせ】輝きクラブ周南事務局(電話 0834-22-8711)にお問い合わせください。

サービス等一覧表へ戻る



 

在日外国人等高齢者福祉給付金支給事業

 高齢者のうち、国民年金制度上、老齢基礎年金等の受給資格を得ることのできなかった外国人及び帰国者等に対し給付金を支給することにより、福祉の推進を図ります。

【対象】

  1. 大正15年4月1日以前に出生し、昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っている方で、現在本市に外国人登録を行っている方のうちから永住許可を受けている方
  2. 明治44年4月1日以前に出生し、昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っていた方のうち、満70歳以降に日本国籍を取得した方で、現在本市に住民登録を行っている方
  3. 明治44年4月2日以降大正15年4月1日以前に出生し、昭和57年1月1日前から日本国内で外国人登録を行っていた方のうち、昭和36年4月1日以降に日本国籍を取得し、年金受給資格期間を制度上満たすことが出来ない方
  4. 明治44年4月2日以降大正15年4月1日以前に出生し、昭和36年4月1日以降に日本に帰国した方のうち、年金受給資格期間を制度上満たすことができない方で、現在本市に住民登録を行っている方

【内容】給付期間は申請を行った日の属する月の翌月から、受給資格者がその受給資格を喪失した日の属する月までです。ただし、受給資格者や配偶者、扶養義務者の市民税所得割額が一定額を超えた場合は一年間給付を停止します。また、その他にも支給停止要件があります。

【給付金額】月額10,000円

【問い合わせ】市高齢者支援課 高齢者支援担当窓口(電話 0834-22-8461)にお問い合わせ下さい。 

サービス等一覧表へ戻る


このページに関するお問い合わせ先はこちらです

周南市福祉部高齢者支援課


〒745-0032 周南市銀座2丁目13番地

電話 0834-22-8461 (高齢者支援担当)
    0834-22-8467 (介護給付・保険料担当)
    0834-22-8343 (介護認定担当)
FAX  0834-22-8251

E-mail koreishien@city.shunan.lg.jp




前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ