本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
現在位置:HOMEからひとり親家庭医療
子育て・教育
矢印赤ちゃん・子ども
矢印教育

このページに関する
問い合わせ窓口

次世代支援課
Tel. 0834-22-8457
Fax. 0834-22-8351
E-mail: jisedai@city.shunan.lg.jp
更新日: 2016年9月28日

ひとり親家庭医療

概要

目的

この制度は、山口県と共同で実施している制度で、母子・父子家庭医療費の一部を
助成することにより、母子・父子家庭の福祉の向上を図ることを目的としています。

対象

18歳(高校卒業)までの児童を養育する母(父)子家庭の母(父)及び児童
又は18歳(高校卒業)までの父母のいない児童です。

受給の方法

県内の医療機関・調剤薬局で受診する際、保険証と併せて受給者証を呈示することにより、
保険診療の自己負担分が不要となります。

助成の範囲

保険診療の自己負担分です。
対象外大病院での紹介状なしの初診料、再診料、入院時の付添料、食事代、
室料の差額、自由診療、予防接種、検診等

所得制限

世帯員全員(実質的に生計同一の全員)が市町村民税所得割非課税であることが必要です。
・年少扶養親族1人につき課税額から19,800円を減じます。
・16歳以上19歳未満の扶養親族1人につき課税額から7,200円を減じます。
※現在、所得制限で該当していない方も、次年度以降、市民税所得割非課税であれば該当になります。
  毎年8月1日以降の所得は 6月から確認ができますので、 申請を受け付けます。

手続き

新規申請

以下のものをご持参いただき、申請してください。
  ・ 保険証
  ・ 所得課税証明書(転入された方のみ)

年度更新

毎年6月に、更新申請書を送りますので、提出してください。
8月1日からの受給者証を7月末に郵便で送ります。
ただし、課税状況がわからない方は次の手続きが必要です。
所得の申告を
されていない方
給与明細書等収入状況がわかるものと印鑑を持参して、
市役所課税課市民税担当で所得申告をしてください。
転入された方前住所地での市町村民税課税証明書、特別徴収税額通知書、納税通知書等
いずれか一つ(コピー可)を提出してください。

償還払い

県外等で受給者証を呈示しないで受診し、いったん医療費を支払った場合、
以下のものを持参のうえ請求できます。
   ・ 領収書(日付、受診者名、点数の記載されたもの)
   ・ 印鑑(認印可)
   ・ 健康保険証
   ・ ひとり親家庭医療費受給者証
   ・ 申請者名義の金融機関・支店名・口座番号のわかるもの
申請書のダウンロードはこちらから
  ・ 福祉医療費交付申請書(様式)
  ・ 療養給付費助成願(様式)

変更届等

次の場合、届出・申請が必要です。
氏名、住所、健康保険証に変更のあったとき変更届(様式)
転出、生活保護受給開始、他の福祉医療費助成制度該当のとき資格喪失届(様式)
受給者証を紛失・破損・汚損して、再交付を申請するとき再交付申請書(様式)

適正な受診のお願い

この制度の財源は、みなさんの税でまかなわれています。適正な受診にご協力をお願いします。
・ かかりつけ医を持ちましょう。
検診予防接種を受けましょう。(一部「定期」は健康づくり推進課助成)
・ 休日・夜間の軽症コンビニ受診を控えましょう。→まずは 
小児救急電話相談 #8000
・ 同じ病気で、複数医療機関の受診を控えましょう。
・ ジェネリック医薬品を選びましょう。

問合せ先

次世代支援課 こども給付担当
TEL(0834)22-8460  FAX(0834)22-8351
前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ