本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
現在位置:HOMEの中の健康・福祉・医療の中のその他の福祉から住宅手当の支給対象者
健康・福祉・医療
矢印健康・医療
矢印高齢者の方へ
矢印障害のある方へ
矢印その他の福祉

このページに関する
問い合わせ窓口

生活支援課
Tel. 0834-22-8453
Fax. 0834-22-8582
E-mail: shakai@city.shunan.lg.jp

住宅支援給付事業とは

 この事業は、申請時に離職後2年以内で、かつ、65歳未満の者で就労能力及び就労意欲のある者のうち、住宅を喪失している者又は喪失のおそれのある者に対して、3箇月間(状況により3箇月の延長、更に3箇月の延長があります。)を限度として住宅支援給付(以下「住宅手当」と称します。)を支給するとともに、住宅確保・就労支援員による就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行う事業です。

 住宅手当は、住宅の貸主又は貸主から委託を受けた事業者の口座に直接、市から振り込みます。
 住宅手当の額は、家賃と単身世帯では3万1千円(複数世帯では4万円、7人以上の世帯では4万8千円)のどちらか少ない額を上限として決定します。


支給対象者は

支給申請時に、次の1〜8のいずれにも該当する者

 申請時に離職後2年以内で65歳未満の者
 離職前に、主たる生計維持者であったこと
 就労能力及び常用就職の意欲があり、公共職業安定所へ求職申し込みを行うこと又は現に行なっていること
 住宅を喪失している者又は喪失するおそれのある者
 申請日の属する月における申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族の収入の合計額が次に定める収入基準額あること。
  単身世帯:8万4千円に家賃額を加算した額未満
  2人世帯:17万2千円以内
  3人以上世帯:17万2千円に家賃額を加算した額未満
 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族の預貯金の合計が次の金額以下であること。
     単身世帯:50万円   複数世帯:100万円
 雇用施策による給付等及び地方自治体等が実施する住宅等困窮離職者に対する類似の給付又は貸付を申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族が受けていないこと
 申請者及び申請者と生計を一とする同居の親族のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと


次のページ
前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ