本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
 

東京スカイツリーと周南市の不思議な縁

 
 東京スカイツリーがいよいよ5月22日に開業を迎えるということで、今大変注目を集めています。
 そんな中、去る4月20日、東京スカイツリータウンの「ソラマチひろば」で、屋外彫刻「TO THE SKY」の除幕式が行われました。

 山口県の山口ふるさと大使を務め、このたび東京スカイツリーのデザインの監修をされた彫刻家・澄川喜一さんの作品です。

 なんと、この作品は、周南市の黒髪島の「徳山みかげ」で制作されています。

 「TO THE SKY」の名前でピンときた方もおられるかもしれません。
 澄川喜一さんには、本市の総合スポーツセンターオープンに併せ、平成4年にモニュメント「TO THE SKY」を制作いただいています。
東京スカイツリータウンの「TO THE SKY」
周南市総合スポーツセンターの「TO THE SKY」    総合スポーツセンター前に設置され、今日では周南市のシンボルの一つとして親しまれているこの作品も、同じく「徳山みかげ」でつくられており、このたび東京スカイツリーそばに設置された「TO THE SKY」と、まるで「姉妹作」とも言える作品です。 

 また、同じ4月20日、第21回の林忠彦賞の授賞式が東京で行われましたが、受賞作品である佐藤信太郎さんの「東京|天空樹 Risen in the East」は、東京スカイツリーがモチーフです。
 今話題の東京スカイツリーと周南市との「縁」に驚かされるとともに、大変うれしくなります。

 5月18日()から27日()まで、周南市美術博物館において、「第21回林忠彦賞受賞記念写真展」が開催されます。

 ぜひ、「林忠彦賞受賞記念写真展」にも、お出掛けいただきたいと思います。
林忠彦賞受賞作品

第21回林忠彦賞受賞作品が「週刊朝日」で紹介されました



 また、6月13日に開催される徳山高専テクノ・アカデミア総会において、「東京スカイツリーの建設 〜 世界一の高さへの挑戦 〜 」と題した講演がおこなわれます。
 
 どなたでも聴講できるということですので、興味のある方は、徳山高専(TEL0834-29-6227)までお問い合わせください。

徳山高専テクノ・アカデミア総会
画像をクリックすると
拡大します


お問い合わせ

秘書課
 
TEL 0834-22-8231

E-MAIL:hisho@city.shunan.lg.jp
(総合スポーツセンターについて)
公園花とみどり課
TEL 0834-22-8402E-MAIL:koen@city.shunan.lg.jp
(林忠彦賞について)
文化スポーツ課
TEL 0834-22-8622E-MAIL:ed-sports@city.shunan.lg.jp

 
 
 

前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ