本文へジャンプ
 
画面の文字を縮小するボタン画面の文字を基のサイズに戻すボタン画面の文字を拡大するボタン
音声読み上げ機能
周南市
共に。
くらしの情報観光・イベント情報事業者向け情報各課のページ
 

尾崎記念集会所

尾崎記念集会所 故尾崎正章画伯より寄贈された旧尾崎医院を改装し、市民の憩いの場・画伯の小作品(画稿)の展示館・集会所として開館しています。 
 
 〒746-0062
    周南市福川中市町8−30
   TEL 0834-62-1091

    JR山陽本線福川駅から徒歩5分
  駐車場はありません。

    位置図(アクセス)


事業内容
 1.集会室の貸出し
 2.作品展示
   故尾崎正章画伯の画稿(水彩・コンテ等)約10点を展示しています。 
  
開館時間
 
午前10時〜午後3時

休館日
 毎週月曜日
 祝日
 年末年始

 その他、臨時休館をすることがあります。

観覧料・使用料
 無料

施設概要
 ・木造 2階  平成5年より旧尾崎医院を改装し設置しています。
 ・土地面積   823.12平米
 ・建物床面積  132.84平米     
事務室展示室2階和室
1階 事務室
1階 展示室
2階 6畳和室(旧入院室)
   

地元で慕われていた尾崎医院
 尾崎医院は、尾崎正章画伯の祖父の代から三代続いた肛門外科の専門医として、長く地元に慕われてきました。画伯の祖父壽人氏(旧姓澤)は、毛利の家臣として蛤御門の変へ従軍しましたが、敗戦後、侍にみきりをつけ、長崎で西洋医学を学び、尾崎家の養子となって、この地に開業しました。以来、尾崎家は画伯の父、叔父、姉、弟と医者を輩出しましたが、戦前から画伯の妻、九重氏によって支えられてきました。
 九重氏は仙台出身。画伯の姉睦美氏と帝国女子医専の同級という縁から、昭和7年に画伯と結婚。特に戦時中は外科医として、富田や夜市までも往診に出かけるなどの多忙を極めました。肛門外科の名医として、周辺各地からひきりなしに患者が訪れる尾崎医院。また、昭和61年、開業医50年を迎え、県医師会から表彰された九重氏ですが病に倒れ、昭和62年、惜まれながらも他界。と同時に、三代続いた尾崎医院も、静かに幕を閉じました
前のページに戻る | ページの上へ戻る
周南市ホームページの考え方
各施設の地図は、Yahoo!地図(外部サイト)へのリンクが新規ウィンドウで開きます。
周南市役所(法人番号4000020352152) 〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1 地図(Yahoo地図への外部リンク)
電話 0834-22-8211 ファクス 0834-22-8224 E-mail info@city.shunan.lg.jp   開庁時間:8時30分から17時15分まで(土・日曜日、祝日、年末年始を除く)意見・問い合わせ