ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 徳山駅周辺整備事業 > 新たな駅ビル整備基本構想 > 基本構想の策定 > 新たな徳山駅ビル整備基本構想を策定しました
徳山駅前賑わい交流施設及び徳山駅西駐車場整備工事
徳山駅南北自由通路等整備事業

新たな徳山駅ビル整備基本構想を策定しました

印刷用ページを表示する更新日:2013年11月5日更新 <外部リンク>

徳山駅周辺デザイン会議から提出された「新たな駅ビル整備基本構想(素案)」を基に、市民や市議会の御意見を踏まえて、平成25年11月5日(火曜日)に「新たな徳山駅ビル整備基本構想」を策定しました。

新たな徳山駅ビルのコンセプトは、「このまちへ来る人へのおもてなしの場」、「このまちに住んでいる人たちの居場所」、「人が集い楽しむこのまちの賑わいと交流の場」です。

学習スペース、カフェ等と一体的に運営する民間のノウハウを活かした図書館を核に、展望スペース、休憩、待合等の交流スペース、地域情報・行政サービス・観光案内等のスペース、商業施設、交番などの機能を持つ複合施設を整備して、市民サービスの向上、中心市街地の活性化を図ります。

周南市の顔である新たな徳山駅ビルが、多くの人々に愛される場所となるように、今後も市民の皆さんとともに整備を進めていきます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)