ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
公共施設再配置計画策定の取り組み
公共施設再配置の啓発
視察の受け入れ

長穂地域モデル事業

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月9日更新 <外部リンク>

長穂地域の現状

建物の写真です。<外部リンク>

これまでの取組み

ワークショップのまとめと今後の流れ

長穂地域モデル事業で地域の皆さんと取り組んだワークショップ(全7回)の成果と、この内容に基づき、これから支所・公民館整備に取り組むにあたっての今後の基本的な流れをまとめました。
新たな支所・公民館がより良いものとなるよう、引き続き地域の皆さんと一緒に検討等を行いながら、取り組んでまいります。

【参考資料】

ワークショップのまとめおよび今後の流れについて [PDFファイル/3.14MB]

第7回ワークショップを開催!!

長穂地域モデル事業の第7回ワークショップを8月28日(日曜日)に開催しました。
まず、長穂地域における公共施設再配置の今後の進め方について説明を行った後、前回のワークショップで出た意見等について、市の考えや方針について説明を行いました。
続いて、徳山工業高等専門学校環境建設工学専攻の学生が、前回のワークショップで選ばれた「施設の全体像の案」を基に作成した図面について説明を行いました。
グループワークでは、「拠点施設の使い方について考えよう」をテーマに、「どうしたらもっと使いやすくなるだろうか」等について話し合い、結果を発表しました。
なお、公共施設再配置に関するグループワークにつきましては、意見の洗い出しと集約が概ね出来たと思われるため、今回で終了することとし、これまでのワークショップの成果を、市がまとめる作業に取り掛かることとしました。

当日のプログラム

  • 今後の進め方について
  • 拠点施設の検討に関する与件
  • 前回のふりかえり
  • 図面説明
  • グループワーク「拠点施設の使い方について考えよう」
  • グループ発表
  • ふりかえり、わかちあい

当日の様子

ワークショップの様子

参考資料

第7回ワークショップかわら版[PDFファイル/2.15MB]はこちら

第6回ワークショップを開催!!

平成28年7月31日(日曜日)に公共施設再配置長穂地域モデル事業第6回ワークショップを開催しました。
今回のワークショップのテーマは「拠点施設の全体像を考えよう」です。

当日のプログラム

  • 今後の流れ
  • 第5回ワークショップのおさらい
  • 市内施設視察報告
  • 高専生から参考(案)の紹介
  • グループワーク「拠点施設の全体像を考えよう」
  • グループ発表
  • 投票(ベースとする(案)の選定)&結果報告
  • ふりかえり、わかちあい
  • 今日のまとめ

今回のワークショップでは、「拠点施設の全体像を考えよう」をテーマに、長穂小学校の敷地における施設の位置関係や、建物の形などについて話し合いました。
ワークショップでは、まず徳山工業高等専門学校専攻科環境建設工学専攻の学生が、これまでのワークショップで出た意見をもとに考えた「拠点施設の全体像」の3案を、地域住民の皆さんに発表しました。
その後、この3案も、検討の参考としながら5つのグループに分かれて話し合いを行いました。
グループワークの後には、各グループが考えた拠点施設の全体像を発表し、その5つの案から投票により1案を選びました。
これから、選ばれた1案をベースとして、各グループが考えたポイントやこれまでのワークショップで出た意見を踏まえて、徳山工業高等専門学校専攻科環境建設工学専攻の学生が授業の一環として図面化します。
第6回ワークショップの様子

参考資料

第6回ワークショップかわら版[PDFファイル/1.76MB]はこちら

第5回ワークショップを開催!!

平成28年5月15日(日曜日)に公共施設再配置長穂地域モデル事業第5回ワークショップを開催しました。
今回のワークショップのテーマは「必要な機能を実現できるハードを考えよう」です。

当日のプログラム

  • 第4回ワークショップのおさらい
  • 拠点施設の場所に関するアンケート結果報告
  • 事例紹介
  • グループワーク「必要な機能を実現できるハードを考えよう」
  • グループ発表
  • ふりかえり、わかちあい
  • 今日のまとめ

ワークショップでは、まず前回のワークショップで実施した「拠点施設の整備候補地についてのアンケート結果」を報告しました。
アンケートは34名から回答があり、そのうち33名の方が「長穂小学校がある場所」、1名の方が「無記入」という結果となりました。
今後は、新たな拠点施設を整備する場所は「長穂小学校がある場所」を前提とし、検討を行っていくこととします。

参考資料

アンケートの結果[PDFファイル/46KB]

グループワークでは、「オープン・交流スペース」、「図書室・文化財等展示室」、「会議室・和室」、「調理室」、「併設する施設」の5つの機能別にグループ分けを行い、前回のワークショップで出てきた意見について、その機能を実際に使うことを念頭におきながら、さらに検討を行いました。
グループワークの最後には、各機能で使いやすさ・利用しやすさを考えながら簡単な絵にまとめて、発表を行いました。
第5回ワークショップの様子

参考資料

第5回ワークショップかわら版は[PDFファイル/839KB」こちら

第4回ワークショップを開催!!

平成28年4月17日(日曜日)に公共施設再配置長穂地域モデル事業第4回ワークショップを開催しました。
今回のワークショップのテーマは「私たちの拠点施設、〇〇だったらいいね」です。

当日のプログラム

  • 事務局からのお知らせ
  • アンケート結果の報告
  • 第3回ワークショップのおさらい
  • 拠点施設について検討する際の資料について
  • グループワーク「私たちの拠点施設、〇〇だったらいいね」
  • グループ発表
  • ふりかえり、わかちあい
  • 今日のまとめ
  • 拠点施設の整備候補地について(アンケート)

当日は暴風波浪警報が出ており、ワークショップを開催することが出来るのか不安になりましたが、開場の9時には快晴となり、総勢56名(地域の皆さん35名)でワークショップを行うことが出来ました。
今回から、拠点施設についての検討が始まり、まずは「施設にどんな機能があったら良いのか、必要な空間や間取り、自分だったら施設をこう使いたい」等といったことについて、皆さんに一度頭の中でイメージしていただき、意見の洗い出しを行いました。
第4回ワークショップの様子

参考資料

第4回ワークショップかわら版[PDFファイル/1.22MB]はこちら

第3回ワークショップを開催!!

平成28年3月13日(日曜日)に公共施設再配置長穂地域モデル事業第3回ワークショップ「私たちの長穂、もう一度見つめてみよう2」を開催しました。

当日のプログラム

  • 第2回ワークショップのおさらい
  • 公共施設再配置に向けた夢プラン事業に関するアンケート
  • 中山間地域振興プロジェクトについて
  • グループワーク
    「長穂らしい」地区のあり方や目指す方向性を表すキーワード・キャッチフレーズを考える
  • グループ発表
  • ふりかえり、わかちあい
  • 今日のまとめ

当日は地域の清掃作業があり、いつもより30分遅れてのスタートとなりました。
皆さんお疲れの中でのワークショップでしたが、楽しそうに話し合いを進められていたのが印象的でした。
前回、そして今回の話し合いを通じて、「公共施設の再配置」につながる多くのキーワードが出されました。
第3回ワークショップの様子

参考資料

第3回ワークショップかわら版[PDFファイル/3.49MB]はこちら

第2回ワークショップを開催!!

平成28年2月14日(日曜日)に公共施設再配置長穂地域モデル事業第2回ワークショップ「私たちの長穂、もう一度見つめてみよう」を開催しました。

当日のプログラム

  • 第1回ワークショップのおさらい
  • 長穂地区に関するデータなどの共有
  • グループワーク、発表方法等の説明
  • グループワーク
    1. 自己紹介
    2. 長穂の良いところ、好きなところ、自慢できるところ
    3. 長穂の気になるところ、不足しているところ(問題点)
    4. 長穂の良いところ等を維持するためにやるべきこと、問題点を克服するためにやるべきこと(課題)
    5. 課題に対する具体的対策
  • グループ発表
  • ふりかえり、わかちあい
  • 今日のまとめ
    当日は地域住民の皆さん、徳山工業高等専門学校環境建設工学専攻の教授、市職員合わせて54名が集まりました。
    今回のワークショップから、グループ分けを行い、各班でグループワークを行いました。

グループワークは、市職員がグループファシリテーターとして進行を行ったほか、検討にも市職員が発言者として加わり、地域住民の皆さんと徳山工業高等専門学校環境建設工学専攻の教授、市職員が一緒になって検討を行いました。
参加者の皆さんは積極的に発言をされ、活発な検討が各グループで行われていました。
グループファシリテータ(市職員)の紹介各班での検討の様子
最後に各グループが話し合った結果を発表しましたが、発表順1番目については複数グループで争奪戦が起こるなど、参加者の皆さんの熱意がしっかりと伝わってきました。
各班の検討結果の発表の様子
今後も、地域の皆さんと徳山工業高等専門学校の学生・教授、市職員が一緒になってワークショップに取組み、公共施設の再配置を共に進めていきたいと思います。

参考資料

第2回ワークショップかわら版[PDFファイル/1.29MB]はこちら

第1回ワークショップを開催しました

平成27年12月13日(日曜日)に第1回ワークショップ『私たちの長穂、〇〇(まるまる)だったらいいね』を開催しました。
当日は地域住民の皆さん、徳山工業高等専門学校環境建設工学専攻の学生、市職員合わせて55名が集まりました。
ワークショップでは、まず、「ワークショップの進め方」や「これからの地域づくりとは」、「長穂夢プラン」について市や長穂夢プラン実行委員会から説明を行いました。
その後、2人1組になり、一人ひとりが思い描く「長穂地域が〇〇(まるまる)だったらいいね」について語り合い、最後には全員が輪になって、思い描く長穂の未来を発表し合いました。
これから、地域住民の皆さんが思い描く長穂の未来の実現を目指して、公共施設の再配置について、地域住民の皆さんと徳山工業高等専門学校環境建設工学専攻の学生、市職員が一緒になっ本格的な取り組みが始まります。

参考資料

第1回ワークショップかわら版[PDFファイル/3.54MB]はこちら

参考資料

ワークショップの様子1。ボードにいくつもの張り紙が貼られている様子。ワークショップの様子2。スクリーンに資料を投影し、1人の人物が前で説明している様子。ワークショップの様子3。畳の広い部屋で、2人一組になった多くの人が、体操のような事をしている様子。ワークショップの様子4。畳の部屋に座る2名の人物が写っており紙に各自の思いを書いている様子。

ワークショップの様子6。畳の広間の壁際に20名弱の人物が紙を持って立っている様子。ワークショップの様子5

長穂地区産業文化祭でモデル事業に関する展示を行いました。

平成27年11月8日(日曜日)に長穂小学校で行われた『長穂地区産業文化祭』で、公共施設の再配置や「公共施設再配置長穂地域モデル事業」についての資料を展示しました。
また、長穂地域で行われている取り組みを通じて、長穂の良さなどを改めて知っていただき、地域での公共施設の再配置につなげていくため、11月3日(火・祝)の「公共施設再配置「長穂地域モデル事業」のキックオフ&地域説明会」の際に上映した、”長穂の行事の様子”や”昔の風景”の写真のスライドショーを改めて行いました。
”懐かしいね~”との声も上がり、地域の皆さんに楽しんでいただけたようです。
 長穂地域モデル事業展示の様子1長穂地域モデル事業展示の様子2長穂地域モデル事業展示の様子3

長穂地域でモデル事業に関する説明会を開催しました。

平成27年11月3日(祝日)10時より、長穂公民館において「公共施設再配置長穂地域モデル事業キックオフ&長穂地域説明会」を開催いたしました。
当日は60名もの地域住民の皆さんにお集まりいただきました。
キックオフセレモニーでは、木村市長と「住みよい長穂をつくる協議会」会長の重國様が挨拶を行った後、今後地域の皆さんと行政とが共に再配置について取り組んでいくことを確認し、二人による堅い握手が交わされました。
その後の説明会では、公共施設再配置の概要やモデル事業の進め方、今後行われるワークショップの案内等を行いました。
周南市の公共施設再配置が実質的にスタートしました。今後もモデル事業の動きを報告していきます。
 説明会写真説明会写真

当日資料

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)