ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 動物紹介-マレーグマ-

本日の開園状況

料金詳細

るんちゃるんちゃのバナー

https://www.youtube.com/channel/UCfTkNm8-sPwlSbBM9Lva8tw


動物紹介-マレーグマ-

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月25日更新 <外部リンク>

マレーグマの写真食肉目 クマ科
マレーグマ
英名:Sun bear
学名:Helarctos malayanus

体長100~140cm、体重30~70kgで、クマの仲間の中では最も小型の種類です。中国から東南アジアにかけての熱帯地域に生息するため、体の毛は短く、冬ごもりはしません。雑食性で、昆虫・小動物・果物・木の実・新芽など、様々なものを食べます。

飼育員ミニ解説

当園には、オスの「ツヨシ」とメスの「マーヤ」の2頭を飼育しています。ツヨシは1987年生まれで、30歳を超えており、現在日本で飼育されているマレーグマの中では最高齢のおじいさんです。性格は良く言えば優しくのんびり屋ですが、悪く言えば弱気でとろくさいといった感じです。マーヤは2005年生まれで、まだ若く、好奇心旺盛でとても人懐っこい性格です。ただ、本当におてんばで、遊びがあまりにも激しすぎ、床や天井・鉄筋の網など、展示場を何回も破壊してくれています。
 

動物のここ見て!ポイント

前足で器用に木の枝を持って、かじって遊んでいる写真ヒトが入っている!?
木登りに適した体をしているため、動きがサルのようで、前足で器用にエサを持ったり、2本足で立ちあがって歩いたりすることもできます。お客様からよく「中に誰か入ってない?」と言われることもある、色々な面白い仕草をぜひご覧ください。