ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 訃報:マレーグマ「ツヨシ」について

本日の開園状況

料金詳細

るんちゃるんちゃのバナー

https://www.youtube.com/channel/UCfTkNm8-sPwlSbBM9Lva8tw


訃報:マレーグマ「ツヨシ」について

印刷用ページを表示する更新日:2020年3月5日更新 <外部リンク>

 

3月2日(月曜日)の午後5時頃に、マレーグマのオス「ツヨシ」の死亡いたしましたので、お知らせいたします。

死亡までの経緯

一年程前から正常音ではない呼吸音を確認し、エサに薬を混ぜる方法で投薬を開始しました。
ツヨシ自らが気にいった場所で過ごせるように、昼間は展示場と寝室を開放にし、自由に出入りできるようにしました。今年の1月頃から、その薬を飲まない日が多くなり、残餌も増え始めました。2月27日からほとんど採食がなくなり、夕方には寝室で起立できない状態でした。翌日には寝室の中で横になっており、点滴や吸入等の処置をしましたが、夕方5時に死亡を確認しました。
死因は老衰でした。ツヨシは32歳で、歴代国内最高齢のマレーグマでした。

 

人気者だった「ツヨシ」

平成17年に頭を抱える仕草で全国的な人気者になり、多くのマスコミに取り上げられ、周南市の知名度アップにも大きく貢献してくれました。
また、平成20年には登録商標も取得し、切手やお菓子等のオリジナルグッズも販売される等、周南市の財産として大きな功績を残しました。
のんびりした優しい性格で、多くの皆さんから愛されていました。これまでツヨシを応援してくださり本当にありがとうございました。

マレーグマ「ツヨシ」の写真

 

今後の予定

3月27日(金曜日)より、マレーグマ舎の前に「献花台」を設置しています。