ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 地域づくり推進課 > 中山間地域へのサテライトオフィス開設を支援

中山間地域へのサテライトオフィス開設を支援

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

周南市中山間地域サテライトオフィス誘致推進事業

周南市では、中山間地域での移住の促進や雇用の創出を図るため、県外に本店を置く事業者によるサテライトオフィス開設を支援します。

須金地区の風景写真 大道理地区の芝桜の写真 鹿野地区の田んぼの写真

1.補助対象要件

次の要件を満たす事業者が対象になります。

補助対象者

補助金交付申請時において、アからオまでのすべてを満たす県外に本店所在地(※1)を置く法人または個人事業者

ア.補助金の交付申請時において、1年以上同種の事業を営んでいること。
市と事業者との間に開設に関する協定等が締結された日から、6か月以内に業務を開始できること。
国税及び地方税の滞納がないこと。
サテライトオフィス開設時に、代表者または従業員1名以上が本市中山間地域に居住すること。
過去3年間の平均年間所得が、600万円以上であること。(法人については代表者の所得とする。)

※1…法人にあっては、登記事項証明書に記載されている住所、個人にあっては、個人事業の開業等届出書に記載のある住所とする。

対象業種

次に掲げるアからカまでのいずれかの業務を主として行う事業者

本社機能の一部を行う業務
情報等システムの開発・運営・管理等を行う業務
各種設計、デザイン、編集等を行う業務
インターネットを活用した業務
新製品の研究開発、マーケティング等を行う業務
このほか市長が認める業務

対象物件空き家・空き店舗等(購入・賃借は問いません)
開設地域

市内中山間地域(大道理・大向・長穂・須々万・中須・須金・大津島・和田・八代・高水・三丘・鹿野)

※周南市の中山間地域については、「しゅうなん地域づくり応援サイト」<外部リンク>をご覧ください。

2.補助内容

(1)オフィス整備

事業内容

サテライトオフィス開設のために必要な空き家等の改修や修繕、建物に付属する設備の新設または交換に要する経費を支援します。

補助金額

上限額500万円(下限額200万円)

補助率

10分の10

補助金の返還

次のアからエまでのいずれかに該当する場合は、補助金の全額の返還を求めます。

ア.サテライトオフィス開設後、5年以内に事業を休止または廃止したとき。
イ.サテライトオフィス開設後、5年以内に事務所を移転または譲渡したとき。
ウ.サテライトオフィス開設後、5年以内に代表者または従業員が本市中山間地域に居住しなくなったとき。
エ.このほか市長が不適当と認めたとき。

(2)オフィス運営

事業内容

事業開始後の運営が円滑に進むよう、サテライトオフィスに関する通信回線使用料及び不動産賃借料(家賃、駐車場)を支援します。

補助金額

通信回線使用料:上限額 年24万円
不動産賃借料:上限額 年120万円

補助率

10分の10

補助期間

サテライトオフィス開設月から36か月以内

補助金の返還

次のアからエのいずれかに該当する場合は、補助金の全額の返還を求めます。

ア.サテライトオフィス開設後、5年以内に事業を休止または廃止したとき。
イ.サテライトオフィス開設後、5年以内に事務所を移転または譲渡したとき。
ウ.サテライトオフィス開設後、5年以内に代表者または従業員が本市中山間地域に居住しなくなったとき。
エ.このほか市長が不適当と認めたとき。

3.手引き・チラシ

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)