ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境・ごみ・ペット > ごみ > 周南市クリーンリーダー制度のご案内

周南市クリーンリーダー制度のご案内

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月20日更新 <外部リンク>

リサイクル都市 周南に向けて

はじめに

大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会経済活動は、私たちの生活に豊かさをもたらしてくれました。しかし、資源の浪費や地球温暖化など地球規模の環境問題が顕在化し、ごみ問題やダイオキシン問題など私たちの身近な環境においても大きな問題を抱えることになってきました。

そして今、限られた資源を大切にし、さらに環境への負荷を軽減するために、資源の消費をできるだけ少なくし、資源を繰り返し利用したり、再度原材料として活用することにより、環境と経済が調和・共生した『循環型社会』に移行することが課題となっています。

周南市においても、家庭や地域から出されるごみの減量化や資源化を進めていますが、出されるごみの中には再利用できるものが含まれていたり、分別されずに出されているなど多くの問題を抱えています。

循環型社会の構築をはじめごみ問題の解決には、市民一人ひとりの協力が必要であり、地域全体での積極的な取り組みによる意識の高まりが必要となります。

目的

「ごみの減量化・再資源化」や「地域の環境美化」を確実に進めていくには、市民一人ひとりの“ごみ問題”に対する意識の高揚を図り、そのための取り組みを、市と市民が協働して実行していくことが不可欠です。
そのため、ごみの発生・排出削減のための基盤づくりとして、クリーンリーダー制度の取り組みを行います。

クリーンリーダーの皆さんには、地域でのごみ問題に対してのリーダーとして活動していただき、循環型社会づくりに市と一緒に取り組んでいただきます。

施策の位置づけ

クリーンリーダーの育成・配置は、周南市一般廃棄物処理基本計画の中で、「発生・排出削減の推進」の施策の一つとして位置づけています。

構成

  • クリーンリーダーは自治会または環境衛生自治会に 1名 配置します。
  • 自治会の実情に応じて、クリーンリーダーの協力員として、「クリーン推進協力員」を配置することができます。
  • クリーンリーダー及びクリーン推進協力員は、自治会内または環境衛生自治会内の公募または推薦により、選出します。

クリーンリーダーの位置づけ

  • クリーンリーダーは、自治会におけるごみ問題のリーダーであり、市と地域を結ぶパイプ役を担います。
  • クリーンリーダーは、市長が委嘱(委嘱状の交付)します。
  • クリーンリーダーについては、「周南市クリーンリーダー設置要綱」で規定します。

任期

  • クリーンリーダーの任期は1年です。
  • 再任することもできます。
  • 年度の途中で、クリーンリーダーがお辞めになった場合は、後任のクリーンリーダーを任命します。なお、任期は前任者の残任期間とします。

支給品等

  • 腕章を貸与します。
  • その他必要に応じて予算の範囲内で、物品等をお渡しします。

活動報償金

  • クリーンリーダーが取り組む自治会での活動に対して、自治会へ報償金を交付します。
  • 報償金の交付に際して、クリーンリーダー活動報告書を提出していただきます。
    • 交付額 : 1自治会につき 年額5,000円+世帯数×50円
    • 交付期間 : 年度末を予定しています

役割・活動

※自治会や地域の実情に応じて、できる範囲で自主的な活動を行ってください。

活動例

  • ごみの減量化と資源化の推進
    • 「家庭ごみコンポスト化事業補助金」制度活用の啓発
    • 「資源物回収報奨金」制度活用の啓発
    • 地域で「しゅうなん出前トーク」等の受講
  • ごみの適正な排出等の指導や啓発
    • ごみの分別の呼びかけや指導
    • ごみカレンダーの周知や啓発看板の設置
  • 地域の環境美化の推進
    • ごみステーションの維持管理
    • 自治会一斉清掃の呼びかけ
    • 不法投棄ごみの通報
  • 地域の様々なごみ問題について、市と連携を図り、解決に向けた活動
  • その他、市が行うごみ減量等の施策の協力

研修等

研修会や意見交換会等を行います。積極的な参加をお願いします。

活動報告

クリーンリーダーが取り組まれた自治会での活動について報告をしていただきます。
報告書の提出期間 : 年度末を予定しています。

3Rの推進をしていきます

サンアールの絵。リデュース、リユース、リサイクルの3つの円が交わった図です。