ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 平成29年度 障害者の福祉を考える集い~社会の中で共に生きる~

平成29年度 障害者の福祉を考える集い~社会の中で共に生きる~

印刷用ページを表示する更新日:2017年11月22日更新 <外部リンク>

パンフレットの画像

この集いは、「障害のある人もない人も、等しくお互いの人格と個性を認め合いながら、共に住みたい地域で生活できるまち周南」(周南市障害者計画の基本理念)の普及・啓発を目的に開催しております。

今年は、障害当事者の方の講演や、コミュニケーションボードについての発表を通して、人が社会で生きていくとはどういうことか、障害とは何かについて考える機会となればと考えています。

講演

今回のご講演は、周南市出身・熊谷晋一郎さんです。皆さまお楽しみに。

熊谷晋一郎氏

周南市出身。東京大学先端科学研究センター准教授。東京大学バリアフリー支援室長。小児科医。

新生児仮死の後遺症で、脳性マヒに。

東京大学医学部卒業後、病院勤務、東京大学大学院医学系研究科博士課程での研究生活を経て、現職。

専門は小児科学、当事者研究。

おもな著作に、「リハビリの夜」(医学書院、2009)、「痛みの哲学」(青土社、2014)、「みんなの当事者研究」(金剛出版、2017)など。

日時

平成29年12月2日(土曜日)
13時30分~15時30分 (開場 13時00分)

 

会場

新南陽ふれあいセンター
(周南市福川南町2-1)

入場料

無料

プログラム

13時00分 受付・開場 授産品販売

13時30分 開会

13時45分 講演
「自立について」 熊谷晋一郎さん(東京大学先端科技術研究センター准教授
小児科医)

15時15分 活動報告
「コミュニケーションボードについて」 周南市地域自立支援協議会 教育部会

15時30分 閉会

同時開催

授産品販売・周南圏域総合支援学校の児童生徒の作品展

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)