ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

造水事業概要

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

水資源・工業用水確保の取組み

慢性的な工業用水不足に悩む周南コンビナートにとって、新たな水資源・工業用水の確保は大きな課題です。
この課題解決に向け、徳山東部浄化センター並びに徳山中央浄化センターの下水を再利用する実証研究を行いました。

実証研究の概要について

1.徳山東部浄化センターの下水再利用

公募事業名低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業(経済産業省公募事業)
実施機関
  • 実施主体
    • 株式会社神鋼環境ソリューション
  • 共同実施者
    • 東レ株式会社
    • 株式会社日立プラントテクノロジー
    • 国立大学法人山口大学
  • 協力機関
    • 山口県
    • 周南市
事業名臨海工業都市における水資源循環システムの低炭素・低動力プロセスの開発
実証研究期間
  • 平成21年3月~9月
    • 試験装置の設計・製作
  • 平成21年10月~3月
    • 試験装置の運転、データ収集・分析
事業概要臨海工業都市の渇水・水不足に対応するため、下水の高度処理と海水淡水化を統合したプロセスを開発し、
大幅な消費電力の低減やそれに伴う温室効果ガスの削減を目指す。
本開発により、大幅な省エネルギー、低炭素化、低コストが可能となり、地域の渇水対策に貢献するとともに、
海外の水資源問題解決の点から国際貢献に貢献することが可能となる。

【参考資料】開発プロセスブロックフロー[PDFファイル/1.41MB]

平成22年度は、中国経済産業局より実証研究設備の無償貸付 を受け、実証研究を継続するとともに、造水システム構築に向けた整備計画を策定

2.徳山中央浄化センターの下水再利用

公募事業名省水型・環境調和型水循環プロジェクト(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構公募事業)
実施機関
  • 実施主体
    • 東レ株式会社
    • 株式会社日立プラントテクノロジー
  • 協力者
    • 周南市
  • 地元協力企業
    • 日本ゼオン株式会社徳山工場
実証施設名「省水型・環境調和型水循環プロジェクト/水資源管理技術研究開発/水資源管理技術の
国内外への展開に向けた実証研究」事業の実証設備
「ウォータープラザ」
実証研究期間平成23年4月1日〜平成26年3月31日
事業概要
  1. 工場排水処理と下水処理利用の統合による造水プラントの建設・運転実証
    ※工場排水処理と下水再利用の統合システムで実規模実証運転が行える
    「デモプラント」を備えた施設は「国内初」となる。
  2. 水ビジネスのノウハウを研究開発するモデルケースとし、運転実証を通じ、
    工業用水不足解消に向けた事業運営ノウハウの蓄積を行う。
    ※自治体、国、民間企業が、工場排水及び下水から高品質な再生水の造水、
    ユーザーへの供給等の管理運営をそれぞれの特徴を活かしながら連携して実施する「国内初」の取り組みであり、
    新たなビジネスモデルとして期待できる。
  3. 新しい水ビジネス展開に向けたショールーム先進技術の活用、
    新たな運営体制での工場排水・下水再利用の統合システムの構築、運用により、国内外へ広く情報発信する。
参考資料

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)