ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 選挙 > 周南市議会議員一般選挙における新型コロナウイルス感染症への対応

周南市議会議員一般選挙における新型コロナウイルス感染症への対応

印刷用ページを表示する更新日:2020年5月7日更新 <外部リンク>

 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、選挙の実施について、多くの問い合わせをいただいています。
 選挙については、総務省より、緊急事態宣言が発令された場合においても、不要不急の外出には当たらないため、公職選挙法の規定に基づき執行するものであるとの通知が出されています。
  感染拡大防止の観点から、安心して投票していただけるよう、十分に対策を行ったうえで執行しますので、投票の際はマスクの着用などの感染予防を行った上、投票所にお越しください。

投票所における感染症対策について

感染症予防対策

〇 投票所内にアルコール消毒液を設置します。
〇 記載台を増設し、密接を避けます。
〇 投票管理者・事務従事者・立会人はマスクを着用し、咳エチケットの徹底・手洗い・うがいの実施に努めます。
○ 投票用紙は、係員が手袋を着用してお渡しします。
〇 定期的に記載台などを、アルコール消毒を行います。
〇 投票所の換気を行います。
〇 投票所に飛沫感染防止シートを設置します。
〇 筆記具については、使い捨て可能なクリップペンシルを用意します。
  不安を感じる方については、持参した筆記具の使用も可能です。
※筆記具は、鉛筆(シャープペンシル)の使用を推奨しています。

有権者の皆様にお願い

〇 投票所においては、可能な限りマスクの着用をお願いします。
〇 投票所入り口などでのアルコール消毒をお願いします。
〇 咳エチケット・帰宅後の手洗い・うがいの徹底をお願いします。
〇 投票日当日に混雑しないよう、積極的な期日前投票の利用をお勧めします。
 

当日投票所(6月7日)へのご来場

 下図は、昨年4月21日執行の周南市長選挙の当日投票所における時間別投票者数の割合を示したものです。
 投票日当日は、午前中が混み合いますので、混雑を避けるため、午後からの投票をお勧めします。 市長選挙投票日当日の投票状況

期日前投票所(6月1日から6月6日)へのご来場

 下図は、昨年4月21日執行の周南市長選挙の期日前投票所における時間別投票者数の割合を示したものです。
 ○本庁期日前投票所は混み合いますので、他の期日前投票所の利用をお勧めします。
   期日前投票は、住所に関係なく、どこの期日前投票所でも投票できます。
 ○投票日前日(土曜日)は、混み合いますので、早めの期日前投票をお勧めします。

周南市長選挙期日前投票時間別データ
 

期日前投票を行う事由について

 新型コロナウイルス感染症は、投票所入場券裏面の期日前投票宣誓書事由の「6 天災・悪天候」 に該当します。
 新型コロナウイルス感染症への感染が心配される状況は、期日前投票ができる事由となります。
 ※期日前投票を行う場合は、「宣誓書」の記入が必要です。あらかじめ記入してご持参ください。
 

開票所における新型コロナウイルス感染症対策について

 開票は、多目的ホールより広い、総合スポーツセンター「メインアリーナ」に変更して行います。
 開票所内で事務従事者・立会人はマスクを着用します。
 開票所の出入口等にアルコール消毒液を設置します。
 開票所に入る前、終了後には、手洗いを徹底します。
 

開票の参観に来られる方へのお願い

 ○参観中は、ほかの参観人と離れ、十分な距離をとって参観してください。
 ※発熱や風邪の症状がある方は、参観をひかえるようにお願いします。
 〇開票所において可能な限りマスク着用にご協力ください。
 〇咳エチケット・帰宅後の手洗い・うがいの徹底をお願いします。
 

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型コロナウィルス感染症に関する情報のページ