ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

周南市防災情報収集伝達システム整備事業

印刷用ページを表示する更新日:2017年7月28日更新 <外部リンク>

防災行政無線及び無線LAN整備工事について

平成29年7月28日(金曜日)に開催された市議会全員協議会において、防災行政無線及び無線LAN整備工事の経緯や進捗状況などについて説明を行いました。

全員協議会資料 [PDFファイル/205KB]
資料の説明内容 [PDFファイル/236KB]


東日本大震災による未曾有の大災害を目のあたりにして、防災情報の収集伝達手段の必要性と災害に強い冗長性の高いシステムの構築の必要性が明らかになりました。
市の地域性・災害想定・整備経緯を考慮し、本市の体制に適した独自の防災情報伝達システムを整備します。

上空から見た山の写真

整備スケジュール

平成26年度基本構想及び基本計画(完了済)
平成26~27年度基本設計(完了済)/実施設計
平成28~30年度整備工事
※庁舎建設の進捗状況や導入システムの形態により、順次整備します。

上空から見た工場地帯の写真

周南市防災情報収集伝達システム整備基本・実施設計書【概要版】

下から見上げた鉄塔の写真

周南市防災情報収集伝達システム基本構想及び基本計画【平成26年3月】

学識経験者2名及び市担当部長3名で組織された整備検討委員会を主体に、提供型・双方向型・全市ネットワーク型の形態から、導入する各種システムの設置基準等を明記した基本構想及び基本計画を策定しました。

防災情報収集伝達システムのイメージイラスト、様々な要素が線で結ばれた図となっている。

 

社会資本整備総合交付金

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)