ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 商工振興課 > 令和3年度 事業継続支援金

令和3年度 事業継続支援金

印刷用ページを表示する更新日:2021年7月7日更新 <外部リンク>

事業継続支援金とは

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上が大幅に減少している小規模企業者・個人事業主に対する支援です。

支援金

20万円(申請は1事業者につき1回限りです。)

申請期間

令和3年7月8日(木曜日)から令和3年8月31日(火曜日)まで 【郵送受付。当日消印有効です。】

対象者

中小企業基本法に基づく法人又は、個人事業主
※法人は「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」「有限会社」「士業法人」に限ります。
※「農業」「林業(素材生産業及び素材生産サービス業を除く)」「漁業」「金融・保険業(保険媒介代理業及び保険サービス業を除く)」を営む事業者は対象外です。

対象要件

【共通の要件】
・売上額が以下の1~5のいずれかに該当する。
1.2021年4~6月の合計が、前年または前々年4~6月の合計より20%以上減少
2.2021年4~6月の平均が、同年2月または3月より20%以上減少
3.2021年5月が同年4月より20%以上減少
4.2021年6月が同年5月より20%以上減少
5.2021年7月が同年6月より20%以上減少

【個別の要件】
小規模企業者個人事業主

・常時使用する従業員が20人以下(中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業)

・令和3年5月1日までに法人等を設立または開設したことを市に届け出ている。

 

・令和3年5月1日までに開業し、令和3年6月28日時点で市内に在住で、申請日において、以下の1~3のいずれかに該当する個人。

1.所得税法第229条に規定する「開業等の届出書」を税務署長に提出している。
2.所得税法第27条に規定する事業所得に係る同法第120条または同法143条に規定する「確定申告書」などを税務署長に提出している。
3.市内の商工会議所または商工会加入している。
 

要綱

要綱 [PDFファイル/217KB]

申請方法

感染拡大防止のため、申請は郵送にて受け付けます。下記から申請書兼請求書、チェックシートをダウンロードしてください。

チラシ・申請書・チェックシート

チラシ [PDFファイル/495KB]
申請書兼請求書 [Wordファイル/26KB]
申請書兼請求書 [PDFファイル/207KB]
申請書兼請求書記入例(小規模企業者用) [PDFファイル/324KB]
申請書兼請求書記入例(個人事業主用) [PDFファイル/492KB]
売上額比較表 [PDFファイル/448KB]
売上額比較表 [Excelファイル/21KB]
チェックシート [PDFファイル/189KB]

提出書類

※小規模企業者は(1)~(4)を提出。個人事業主は(1)~(3)、(5)を提出。
※交付要件等が確認できない場合、他に書類の添付を求める場合があります。

(1)売上額比較表
(2)売上元帳(売上額比較表の額が確認できる箇所)の写し
(3)振込先通帳の写し(カタカナで口座名義が記載された箇所)
(4)小規模企業者であることが確認できる書類
  例:直近の法人税確定申告書(別表一)の写し及び法人事業概況説明書の写しなど
(5)個人事業主であることが確認できる書類
例:開業等の届け出の写し、令和02年度分所得税青色申告決算書の写し、令和02年度分収支内訳書の写し、市内商工会議所または商工会への加入が確認できる書類など、いずれか一部

提出先

周南市商工振興課(周南市岐山通1-1)

問合せ先

事業継続支援金専用ダイヤル 0834-22-8819(平日の9時から17時まで)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)