ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

歩行者利便増進道路(ほこみち)制度が始まりました

印刷用ページを表示する更新日:2022年8月8日更新 <外部リンク>

歩行者利便増進道路(ほこみち)について

 「道路空間をまちの活性化に活用したい」「歩道にベンチを置いてゆっくり滞在できる空間にしたい」など道路への新しいニーズが高まっています。このような道路空間の構築を行いやすいよう、改正道路法において、新たに「歩行者利便増進道路(通称:ほこみち)」制度が令和2年11月25日に施行されました。

 これに伴い、市では賑わい創出の観点から、徳山駅周辺の路線を歩行者利便増進道路として指定します。

 

指定路線(商店街通称名)

 遠石江口線(銀座通り)

 みなみ銀座若宮町線(一番街)

 銀南街線(銀南街通り)

 東山代々木線(ぴーえっち通り)

 歩行者利便増進道路指定区域(図面) [PDFファイル/87KB]

指定日

 令和4年7月28日(木)

 ※指定後、新たに歩道に占用物を設置する場合は、各商店街組合又は道路課にご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)