ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本日の開園状況

料金詳細

るんちゃるんちゃのバナー

https://www.youtube.com/channel/UCfTkNm8-sPwlSbBM9Lva8tw<外部リンク>


アジアの熱帯雨林ゾーン

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月23日更新 <外部リンク>
アジアの熱帯雨林ゾーンの案内

徳山動物園リニューアル第5弾となる「アジアの熱帯雨林ゾーン」が令和3年11月23日にオープンしました。

国内最大級の広さを誇るスリランカゾウエリアをはじめ、生物多様性に富んだアジアの熱帯雨林に生息している生き物たちの魅力を楽しみながら、自然の大切さを感じてもらえるゾーンになっています。

 

アジアの熱帯雨林ゾーン

スリランカゾウエリア

ゾウ舎の新たにオープンした砂場 スリランカゾウ「ナマリー」

「ミリンダ」と「ナマリー」の間に子どもが生まれることも想定したゾウエリアは、以前の約5倍の広さで、国内最大級の施設となっています。

新しい放飼場になれてくれば、ゾウたちが深さ1.6メートルのプールで豪快に水浴びをする姿や、目の前でエサを食べたりするところが観察できそうです。

 

 

熱帯いきもの館「太陽と水の森」

熱帯いきもの館「太陽と水の森」 熱帯いきもの館「太陽と水の森」の内観

熱帯雨林の生態系のしくみや大切さ、そして自然と共存する未来を考える施設です。

鮮やかな色をしたカエルやトカゲ、カメレオンたちなどの生息地を再現した空間の中で展示しています。

 

コツメカワウソ舎

コツメカワウソ舎 コツメカワウソ舎にいる2匹のコツメカワウソ

元気いっぱいのコツメカワウソたちがあちこちへ動き回ります。

カワウソと触れ合える「ぷにっとタッチングタイム」ができるように、ただいま練習中です。

 

マレーグマ舎

マレーグマ舎 マレーグマ「マーヤ」

現在はメスの「マーヤ」1頭だけですが、将来的は繁殖にも考慮した施設となっています。ガラス越しに間近に見ることができ、また木登りが得意なマレーグマのために、長さ4m以上にもなる丸太を組んで野生下のような行動ができるようになっています。

 

キュウカンチョウ舎

キュウカンチョウ舎 キュウカンチョウ

ペットとしても親しまれ、おしゃべりすることでもよく知られています。

徳山動物園では、繁殖を目指して飼育をしています。

 

インドタテガミヤマアラシ舎

インドタテガミヤマアラシ舎 ヤマアラシ

ヤマアラシの家族がのんびりと過ごしています。ガラス越しにヤマアラシの鋭い歯が観察できます。

 

メンフクロウ

メンフクロウのエリア メンフクロウ「アイ」

ここには、SNSで話題になったあの「アイちゃん」がいます。

新しい場所で皆さんに会えるのを待っています。やさしく声をかけてあげてくださいね。