ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 公園・道路・墓地 > 公園 > 徳山動物園 > コンテンツ > お知らせ > > 令和4年6月7日に死亡したアミメキリン「サクラ」の死因について

本日の開園状況

料金詳細

るんちゃるんちゃのバナー

https://www.youtube.com/channel/UCfTkNm8-sPwlSbBM9Lva8tw<外部リンク>


令和4年6月7日に死亡したアミメキリン「サクラ」の死因について

印刷用ページを表示する更新日:2022年7月25日更新 <外部リンク>
令和4年6月7日に死亡したアミメキリン「サクラ」の死因について

令和4年6月7日に死亡した、アミメキリン「サクラ」の死因について、詳細が判明いたしましたので、以下の通りお知らせいたします。

 

死因:悪性リンパ腫

 

リンパ腫は白血球の中のリンパ球がガンになる病気です。
肝臓や、すい臓などへの転移も確認されました。このことが原因で、食欲が低下し、死に至ったと考えられます。

2003年に徳山動物園に来園してから約19年もの長い間、多くの来園者とふれあい、たくさんの思い出を作ってくれました。そして、8頭もの子どもを産んでくれた偉大なお母さんでもありました。

サクラ、ありがとう。