ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ファミリーサポートセンター

印刷用ページを表示する更新日:2022年2月14日更新 <外部リンク>

ファミリーサポートセンター 「地域で子育てを応援します」

 会員同士がお互い助け合い、育児の相互援助活動を行う有償のボランティア組織です。
厚生労働省の支援事業のひとつで市が運営をしています。
子育てが大変な時に、ほんの少しでも周りの力をいただけたら、落ち着いてピンチを乗り越えていけるのではないでしょうか。
そんなお父さん・お母さんのお手伝いをしていただける地域の先輩がきっとおられるはずです。
その橋渡しとして調整するのがファミリーサポートセンターです。

周南市ファミリーサポートセンターだより2021(最新号)「やさしいひろがり」vol.29 [PDFファイル/5.96MB]

依頼会員になるとどんなことを手伝ってもらえるのですか

例)保育園、幼稚園、小学校及び学童保育の

・開始時間までの預かり

・終了時間後預かり

・自宅までの送迎 等

保護者の臨時的就労、求職活動などの時預かります。
こんな時も・・・・・

・学校行事・病院・冠婚葬祭など子どもを連れて出かけにくい時

・買物・映画・コンサートなど、たまにはリフレッシュしたい時

入会金・年会費は

入会金や年会費はかかりませんが、利用には会員登録が必要です。
また、有償ボランティアですので、援助をお願いするときには料金が必要です。

会員になるには

周南市に在住の方ならどなたでも会員になれます

  • 依頼会員:0歳から小学校6年生までの子どもをもつ家族
  • 提供会員:資格・経験・性別は問いません。一時的に自宅で子どもを預かるなど、地域で子育ての手伝いができる人
  • 両方会員:両方を兼ねられる方

※会員(親)になられる方の写真2枚と身分証明書(マイナンバーカード等)、ファミリーサポートセンターへお持ち下さい。
※入会受付時間・・8時30分〜17時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

補償保険制度は。

会員になると自動的に「提供会員傷害保険」「賠償責任保険」「依頼子供傷害保険」の3つの保険に加入します。(掛け金の自己負担はありません。補償額等が変更になる場合があります。)

提供会員になっても毎日お手伝いはできないのですが

だいじょうぶです。ご都合に合わせて「できる時にできること」をお願いしています。

援助をお願いした時の料金は

サポート料金の基準は次のとおりです。絵を描く子供

サポート料金 平日
(7時〜19時)
1時間あたり600円

平日(上記時間以外)

1時間あたり700円
土・日・祝日
及び年末年始(終日)
1時間あたり700円

もう一度チェックしましょう

  • 依頼会員・・・お子さんを預ける方は確認しましょう
  • 提供会員・・・お子さんを預かる方は確認しましょう

イベントはありますか。

講習会・交流会を開催しています。市広報、ファミリーサポートセンター会報等でご案内しますので、ぜひご参加ください。

講習会(主に提供会員向け)・・・年8回程度(救急救命や子どもの健康管理などサポートに必要な知識を学べます)
交流会(依頼会員、提供会員向け)・・・年3回程度(ファミサポカフェやあきまつり等)

 申し込み・問合せ先

ファミリーサポートセンター
〒745−0025
周南市築港町13−15 周南市子育て交流センター内
電話:0834-32−8191
Fax:0834-32−8171

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)