ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ライフステージ > 妊娠・出産(ライフステージ) > 妊娠中の皆さんへ(新型コロナウイルス感染症対策について)
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て > 妊娠・出産 > 妊娠中の皆さんへ(新型コロナウイルス感染症対策について)

妊娠中の皆さんへ(新型コロナウイルス感染症対策について)

印刷用ページを表示する更新日:2021年9月8日更新 <外部リンク>

妊娠中の新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、妊娠中の皆さんにおかれましては、出産や子育てについて不安やストレスを感じていらっしゃるのでないかと思います。厚生労働省などからの情報を掲載しますので、ご参考にしてください。

妊産婦や乳幼児に向けた新型コロナウイルス対応関連情報(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

公益社団法人日本産科婦人科学会による新型コロナウイルス感染症関連情報<外部リンク>

感染が妊娠に与える影響

妊娠中に新型コロナウイルスに感染したとしても、基礎疾患を持たない場合、その経過は同年代の妊娠していない女性を変わらないとされています。しかし、妊娠後期に感染すると、早産率が高まり、患者本人も一部は重症化することが報告されています。

高年齢での妊娠、肥満、高血圧、糖尿病などが新型コロナウイルス感染症の重症化のリスク因子であるとう報告もあり、このような背景を持つ妊婦の方は、特に人混みを避ける、こまめに手を洗うなど感染予防に注意をしてください。

妊婦の感染が胎児に与える影響

新型コロナウイルスに感染した妊婦から胎児への感染はまれだと考えられています。

妊娠初期または中期に新型コロナウイルスに感染した場合に、ウイルスが原因で胎児に先天異常が引き起こされる可能性は低いとされています。

新型コロナワクチン

妊娠中、授乳中の方も、ワクチンを接種することができます。日本で承認されているワクチンが妊娠、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。

妊娠中の時期を問わず接種をおすすめします。夫またはパートナーの方もぜひ接種をお願いします。

※ファイザー社のワクチンと武田/モデルナ社のワクチンがmRNAワクチンです。アストラゼネカ社のワクチンはウイルスベクターワクチンで原則40歳以上の方が接種できます。

働き方

働いている方は、ご自身の体調なども踏まえ、時差出勤やテレワークの活用、休暇の取得など、勤務先とご相談ください。

職場における妊娠中の女性労働者等への配慮についてはこちらをご覧ください。(厚生労働省ホームページ)<外部リンク>

相談・受診の目安

妊婦の方については、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合でも、念のため、重症化しやすい方と同様に、まずは早めにかかりつけ医等身近な医療機関に電話でご相談ください。かかりつけ医がないなど相談先に迷った場合は、受診・相談センター(#7700、利用できない場合は083-902-2510毎日24時間対応)にご相談ください。

受診の目安や相談については、感染などに関する相談(市健康づくり推進課ホームページ)をご参照ください。問い合わせ先は、0834-22-8553です。

妊婦健診の受診について

新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した方、ご家族に感染疑いのある方がおられる場合は、妊婦健診受診前に、かかりつけ産科医療機関へ電話でご相談ください。

新型コロナウイルスに感染している可能性がある時は、妊婦健診の受診を控えていただき、まずはかかりつけ産科医療機関にご相談ください。

 出産場所の確保等不安を抱える妊婦の方々への相談窓口

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、帰省分娩の予定を取りやめることとなり、出産場所の確保等の不安を抱える妊婦の方々の相談を下記の窓口で受け付けます。受付時間は、土日祝日を除く8時30分から17時15分です。

山口県健康福祉部 こども・子育て応援局 こども政策課 保育・母子保健係(083-933-2947)

その他妊婦に関する相談

お気軽に、市あんしん子育て室にご連絡ください。

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け,厚生労働省ホームページ)<外部リンク>