ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 救急・医療 > 新型コロナウイルス感染症に係る被保険者資格証明書の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る被保険者資格証明書の取扱いについて

印刷用ページを表示する更新日:2020年3月12日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症に係る被保険者資格証明書の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症の発症の疑いがある場合には、帰国者・接触者相談センターに相談の上、帰国者・接触者外来の受診を行うことになります。

国民健康保険の被保険者資格証明書の交付を受けられている被保険者が、新型コロナウイルス感染症に関する療養について帰国者・接触者外来を設置する保険医療機関等を受診した場合は、その月の療養について被保険者資格証明書を被保険者証(通常の保険証)とみなして取り扱われます。

※ただし、新型コロナウイルス感染症以外の診療につきましてはこれまで通り全額自己負担となります。

この取り扱いは、令和2年3月診療分から適用されます。