ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

認知症への取り組み 

印刷用ページを表示する更新日:2020年5月1日更新 <外部リンク>

 

認知症家族会「福寿草の会」(周南認知症を支える会)

認知症の人を介護する家族の介護負担の軽減などを図るため、家族会を立ち上げ、家族やボランティア等の会員が支援を進めています。

開催日時

毎月第2火曜日 10時30分~ ちらし カフェ福寿草 [PDFファイル/300KB]

問合せ

国兼 0834-88-0409

 

くまげ福寿草の会(認知症を支える会)

開催日時

毎月第1水曜日10時00分~ ちらし [PDFファイル/1.67MB]

問合せ

又賀 0833-91-6056

 

認知症カフェ

認知症の人やその家族が、地域の人や専門職と相互に情報を共有し、お互いを理解し合う場であり、認知症の人の介護者の負担軽減を図ります。

認知症カフェ ちらし [PDFファイル/203KB]

かふぇ福寿草(クリスマス会)の写真です
かふぇ福寿草(クリスマス会)

 

男性介護者の集い

認知症家族を介護している男性介護者の孤立を防ぎ、精神的負担を軽減します。

開催日時

毎月第4火曜日(変更あり) 10時00分~ ちらし 男性介護者の集い [PDFファイル/205KB]

平成27年度 男性介護者の集いの調理実習の写真です
 調理実習風景

 

『令和元年度 周南市認知症講演会』を開催しました

詳しくはこちらのページへ

 

 

認知症サポーター養成講座

認知症への偏見の解消や、認知症に対する正しい理解を促進するために、地域住民をはじめ、事業者や児童・学生等の高齢者と接する様々な方々に幅広く養成講座への参加を呼びかけています。

〈周南市のサポーター数〉
14,347名(令和2年3月31日現在)
〈申し込み方法〉
地域福祉課 地域包括ケア推進担当  または  各地域包括支援センター

認知症サポーター養成講座の様子 認知症サポーター養成講座寸劇の様子
認知症サポーター養成受講風景

 

キャラバン・メイトスキルアップ研修

キャラバン・メイトとは、
地域住民、学校、企業等を対象に、認知症の正しい知識を普及啓発するために、認知症に関する講座(認知症サポーター養成講座)を開催し、地域で認知症の人やその家族を応援する「認知症サポーター」を養成するための講師です。

〈市のメイト登録数〉
259名(令和2年3月31日現在)

 

『平成30年度キャラバン・メイト スキルアップ研修』が開催されました

日時

平成30年11月29日(火曜日) 14時00分~16時00分

場所

市役所本庁 多目的室

内容

・キャラバン・メイト活動報告

・グループワーク「やってみたい認知症サポーター養成講座の作戦会議」

 

認知症初期集中支援チーム ~認知症に関する相談窓口のご案内~

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域の良い環境で暮らし続けられるよう、認知症やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、認知症の早期診断・早期対応に向けた支援体制を構築します。

【対象者】40歳以上の在宅生活の人で認知症が疑われる人または認知症の人で次のいずれかに該当する人

  • 医療・介護サービスを受けていないまたは中断している人。
  • 医療・介護サービスを受けているが、認知症の周辺症状が著しくのため対応に苦慮している人。

【相談窓口】地域福祉課 もやいネットセンター(福祉総合相談窓口)
     (その他、各地域包括支援センターでも相談でもお受けしています。)
【電話】0834-22-8200
【受付時間】平日月~金曜日(祝日・年末年始除く)8時30分~17時15分

 

認知症地域支援推進員

医療機関・介護サービス事業所や地域の支援機関をつなぎ、連携支援などの認知症施策の体制整備を行うとともに、認知症の人やその家族を支援するなど、総合的に施策を展開していく推進役です。
周南市では、平成26年度より配置を進めており、地域包括支援センター・地域福祉課に配置しています。
(認知症地域支援推進員:14名 令和2年3月31日現在)

周南市における認知症地域支援推進員の取組みを県の研修会で発表しました。[PDFファイル/2月16日MB]

 

認知症ケアパス

認知症の状況に応じて、いつ、どこで、どのような医療・介護サービスを受けることができるのかを認知症の人やその家族等に示したものです。

「周南市認知症安心ガイド」 [PDFファイル/1.66MB]

配布場所:市役所 各地域包括支援センター 介護事業所 医療機関等

 

多職種連携・専門職種版 周南市認知症安心ガイド

周南市の医療・介護の専門多職種が、認知症に関するそれぞれの役割や周南市の資源を理解し、必要な連携を図ることで、認知症の人が少しでも長く地域で暮らし続けられるよう、地域で見守り支えあうためのガイドです。

「多職種連携・専門職種版 周南市認知症安心ガイド」 [PDFファイル/12月26日MB]

配布場所:市役所 各地域包括支援センター 介護事業所 医療機関等

 

認知症疾患医療センター

都道府県または政令指定都市の指定により認知症専門医療の提供と介護サービス事業者との連携を担う中核機関として指定を受けた医療機関です。

県内6か所=宇部・岩国・防府・下関・周南・柳井
周南 泉原病院

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)