ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 次世代政策課 > 周南市子どもたちへの臨時特別給付金について

周南市子どもたちへの臨時特別給付金について

印刷用ページを表示する更新日:2022年9月26日更新 <外部リンク>

長引くコロナ禍や物価高騰等の影響を受け、学びや体験、交流の機会が減少する中、子供を中心とした家族の交流や体験の機会を支援し、子供たちの健全育成を目的として「周南市子どもたちへの臨時特別給付金」を支給します。

「周南市子どもたちへの臨時特別給付金についてのご案内」 [PDFファイル/477KB]

支給対象者(申請者)

  • 児童を養育する父または母
  • 児童が児童養護施設等に入所している場合は、施設の設置者

対象児童

周南市に居住している平成16年4月2日から令和5年2月28日までに生まれた児童

支給額

対象児童1人当たり1万円

支給方法

申請が不要な場合(プッシュ型支給)と必要な場合(通常の支給)の2種類があります。

令和4年9月1日時点に周南市に住民登録されている児童の保護者の方

児童手当受給者(公務員を除く)

対象となる世帯に対して、お知らせ文書を9月26日(月曜日)に発送しました。

10月25日(火曜日)に、申請不要で児童手当を支給している口座に振り込みます。

児童手当振込口座を解約等されている場合は、至急ご連絡いただくとともに「周南市子どもたちへの臨時特別給付金支給口座登録等の届出書」を提出してください。

「周南市子どもたちへの臨時特別給付金支給口座登録等の届出書」 [PDFファイル/114KB]

給付金の受給を希望しない場合は、10月6日(木曜日)までに、「周南市子どもたちへの臨時特別給付金受給拒否の届出書」を提出してください。

「周南市子どもたちへの臨時特別給付金受給拒否の届出書」 [PDFファイル/81KB]

周南市から児童手当を受給していない場合(高校生等の児童のみを養育する保護者/公務員など)

対象となる児童のいる世帯に対して、お知らせ文書を10月3日(月曜日)に発送する予定です。

お知らせ文書は、平成16年4月2日以降に生まれ、令和4年9月1日時点で周南市に住民登録がある児童で、周南市に児童手当の登録がない児童のいる世帯の世帯主宛に送付します。

児童の保護者(父または母)と世帯が異なる場合は、児童の保護者(父または母)にお知らせ文書をお渡しください。

提出書類

※詳しくは次世代政策課まで個別にご相談ください。

申請期間

令和4年10月3日(月曜日)から令和5年3月15日(水曜日)

令和4年9月2日以降に出生または転入した児童の保護者の方

児童手当等の手続きの際に、この給付金の申請についても併せてご案内いたします。

詐欺にご注意ください

  • 申請内容に不明な点があった場合、周南市から問合せを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振込みを求めることは、絶対にありません。
  • もし、不審な電話がかかってきた場合は、すぐに周南市の窓口または最寄りの警察にご連絡ください。

その他

  • 支給対象者に対し、支給の手続を行ったにもかかわらず、令和5年3月31日までに指定口座への振込が口座解約・変更等によりできない場合は、支給されません。
  • 支給を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により支給を受けた場合は、支給した給付金の返還を求めます。
  • この給付金を受ける権利は、譲り渡し、または担保に供してはいけません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)