ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 救急・医療 > 新型コロナウイルス感染症の予防対策について

新型コロナウイルス感染症の予防対策について

印刷用ページを表示する更新日:2020年3月11日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症の予防対策について

●新型コロナウイルス感染症とは?
コロナウイルスは、コウモリ、ラクダなど、主に動物に感染するウイルスですが、時に人にも感染することがあります。
現在、新型コロナウイルスに対するワクチンや特別な治療薬はなく、症状に合わせた対症療法がおこなわれています。

●症状
・主な症状は、発熱・せき・頭痛・倦怠感(体のだるさ)です。これは、一般的な風邪の症状に似ていますが、症状が長引く傾向があります。
・特に高齢者や、糖尿病・慢性肺疾患・免疫不全などの基礎疾患がある人は重症化する傾向があります。
・潜伏期間(ウイルスが体内に入ってから症状が出はじめるまでの期間)は2~12.5日といわれています。

●家庭でできる感染対策の基本
1  咳エチケットを守りましょう
2 手洗いをしましょう
3  環境消毒・換気

出典:賀来 満夫(東北医科薬科大学医学部感染症学教室)
作成:東北医科薬科大学病院感染制御部・仙台東部地区感染対策チーム

●集団感染を防ぐために
1  換気のよくない場所に行くことを避けましょう
2  人が密集する場所で過ごすことを控えましょう
3  不特定多数の人が、近距離(お互いが手を伸ばしたら届く距離)で、会話や発声等を行う場所には行かないように気をつけましょう

気を付けましょう(厚生労働省)

その他

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)