ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 三丘温泉(みつおおんせん)

三丘温泉(みつおおんせん)

印刷用ページを表示する更新日:2019年2月5日更新 <外部リンク>

豊富な湯量と泉質に恵まれた国民保養温泉地

三丘温泉

近くを流れる島田川は、明治時代まで木材の集散地として栄え、当時の船頭たちが手足を温めていたと伝えられている三丘温泉。
また、負傷した鶴が傷を癒した、という伝説も残っています。
三丘温泉は、昭和30年に最初の源泉が発見された歴史の浅い温泉地ですが、昭和36年に厚生省(当時)から国民保養温泉地に、平成3年に 環境庁(当時)から国民保健温泉地に指定されています。
豊富な湯量と泉質に恵まれており、中でも泉質については、療養泉として効果が大きいとされる硫黄、ラドンが豊富に含まれている、県内でも珍しい温泉です。

 

基本情報

 
泉質アルカリ性単純硫黄温泉(低張性アルカリ性温泉)
効能関節リウマチ、神経痛、冷え性、自律神経不安定症、不眠症など
住所周南市大字小松原
交通アクセス(車)山陽道・熊毛ICから約5分
交通アクセス(公共)JR岩徳線・高水駅よりタクシーで約8分

徳山駅前バスのりばより防長バス三丘温泉・兼清行き約45分、「三丘温泉」下車
※JR島田駅からの便もございます
施設数3軒 (旅館2、日帰り入浴施設1)

※営業時間や定休日、料金など変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

 

周辺の見どころ、イベント

黒岩峡
三丘学びの椅子
東繕寺川河川公園

 

地図