ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 山田家本屋(やまだけほんや)

山田家本屋(やまだけほんや)

印刷用ページを表示する更新日:2017年9月22日更新 <外部リンク>

山口県指定有形文化財
山田家本屋(やまだけほんや)

山田家本屋

山田氏は、江戸時代に五右衛門(ごえもん)が萩藩の重臣・堅田就政(かただなりまさ)の家臣になり、戸田に居を構えました。
その在郷住宅である山田家本屋は、江戸時代中期の建築と推定され、かつては戸田の山陽道沿い(現、湯野温泉入口の西)に建っていました。その建物は、茅葺で263.76平方メートル(82坪)の広さで、15部屋もあるという大きな平屋建てでした。
書院造りの中門にあたる部屋は、母屋から庭に突き出し、その内部には、霊舎(れいしゃ)の間、局(つぼね)の間、奥の間、仲間(ちゅうげん)部屋、化粧部屋などがあり、台所まわりのむしろ天井、中二階の隠し部屋、座敷の刀隠しの引き出し、外からは開かない回転式の雨戸など、室町時代の武家屋敷の趣と民家風の素朴な構えをあわせもっています。
この建物は、昭和39年6月に所有者の山田家から市に寄贈され、昭和40年6月に旧屋敷の6割が毛利町に移築復元されました。そして平成15年9月に堅田家とゆかりのある湯野の地に再び移築復元され、10月4日から一般公開されました。なお山田家本屋は、昭和30年1月に当時の山口県指定文化財保存顕彰規程による指定を受け、昭和41年6月には山口県文化財保護条例による有形文化財に指定されました。

地図<外部リンク>

お問い合わせ

(施設の利用に関するお問い合わせ)
〒745-1132 周南市大字湯野4202-2
山田家本屋
Tel:0834-83-2009


(その他のお問い合わせ)
〒745-0004 周南市毛利町2-2
周南市教育委員会 生涯学習課 文化財保護担当
Tel:0834-22-8677 Fax:0834-22-8814