ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・情報 > 広報紙 > 市広報に市民団体の催しや、国・県・企業などからの記事は掲載できますか

市広報に市民団体の催しや、国・県・企業などからの記事は掲載できますか

印刷用ページを表示する更新日:2021年9月17日更新 <外部リンク>

回答

市広報「広報しゅうなん」では、市民団体の催しや、国・県・企業などからの記事を、「掲示板」コーナーで掲載できます。

  1. 掲載のお約束(確約や予約)はできません。
  2. 原稿の作成は、依頼主で行ってください。
    (パンフレット等がある場合でも、広報紙の掲載事例をみて、改めて原稿を作成してください)
  3. 次に該当するものは、掲載できません。
  • 営利目的のもの
  • 宗教の布教活動にあたるもの
  • 政治活動にあたるもの
  • 個人の宣伝にあたるもの
  • 市内の特定地域だけを対象にしたものや、団体員相互間の連絡にあたるもの
  • 行政広報として、掲載することが適当でないと判断したもの

※国・県・企業からの記事については、内容が次に当てはまるか検討し、優先順位を付けて掲載しています。

  • 市民の生命に関すること
  • 市民の財産に関すること
  • 緊急性が高いもの
  • 対象者が多い、もしくは不特定多数に及ぶもの
  • 開催地が市内および近郊のもの
  • ほかに周知媒体を持たないもの
  • 市の政策に関連が深いもの

原稿の締め切り

掲載したい号の、2ヶ月前の25日(土・日・祝日の場合は、その前日)までに送付してください。
(例:10月号希望の場合は、8月25日まで)

原稿の提出方法

広報紙の最終面に記載している住所、FAX、Eメールアドレスまで、窓口、郵送、FAX、Eメールで提出してください。
※送付の際には、校正時に紙またはデータを受け取るためのFAX番号もしくはEメールアドレスを記載してください。

いただいた案件に対する個別のご連絡は、掲載が決まるまでこちらからは差し上げていません。

初めて利用する場合はご連絡ください

初めての場合は、一度広報紙をみて、掲載イメージをご覧の上、お電話でご相談ください。流れなどについてご説明いたします。