ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども支援課 > 保育所等利用の要件

保育所等利用の要件

印刷用ページを表示する更新日:2021年11月1日更新 <外部リンク>

保育所等を利用できるのは、保護者が次のいずれかの事情(それぞれ証明書の提出が必要)により、児童を保育できない場合です。

就労

保護者が家庭外での仕事または、家庭内での日常の家事以外の仕事に従事することが常態で、児童の保育ができない場合

  • 月60時間以上の就労があること

        就労証明書 [PDFファイル/114KB]が必要です。
        【就労証明書】記載要領
 

妊娠、出産

出産の前後で児童の保育ができない場合

  • 利用期間は出産予定日8週間前から出産後8週間までの必要な期間

保護者の疾病、障害

保護者が病気、負傷、心身の障害で児童の保育ができない場合

親族の介護・看護

児童の家庭に長期にわたる病人や、心身に障害のある人があるため、保護者がいつもその看護にあたっており、児童の保育ができない場合

就学

保護者が、大学や専門学校、職業訓練校などに通っており、児童の保育ができない場合

求職活動

保護者が、求職活動中のため、児童の保育ができない場合

  • 利用期間は60日間(就職先が決まった場合を除く)

その他の場合

保護者のいない家庭、被災、特別な理由がある場合など
 


※上記の基準を満たしていない場合は、保育所等を利用できません。

※上記の基準を満たしても、施設の定員等の事情によっては、希望の保育所等を利用できない場合があります。また、保育所等において児童の面接を行った結果、集団生活に支障があると認められる場合は、利用をお断りすることがあります。

※心身に障害を持つ児童で利用を希望される場合は、前もってこども支援課保育幼稚園担当にご相談ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)