ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > マイナンバーカードを窓口で受け取られる方へ

マイナンバーカードを窓口で受け取られる方へ

印刷用ページを表示する更新日:2021年2月2日更新 <外部リンク>

窓口でカードを受け取る方法

オンラインや郵便でマイナンバーカードの申請をおこない、本人が来るしてカードを窓口で受け取る方式です。

※市役所の窓口で申請補助サービスによる申請を行い、カードを窓口で受け取られる方についても同様です。

※15歳未満の方、成年被後見人の方は、本人と法定代理人が来るしてカードを受け取る必要があります。

交付場所

市からマイナンバーカード発行の準備が完了したことをお知らせする「交付通知書」がご自宅に届きますので、以下の必要な書類を持って、申請者本人が窓口へお越しください。

交付窓口・・・市役所本庁舎1階 市民課5、6、7番窓口
※各総合支所での受け取りも可能です。事前にご連絡ください。(電話 0834-22-8339)

※交付通知書は「転送不要・普通郵便」で送付するため、郵便局の転送サービスをご利用されていると市民課に返戻されてしまうのでご注意ください。病院や施設に入院・入居中の方、自宅を建替え中の方などで転送サービスをご利用されている方はご相談ください。

マイナンバーカード交付・電子証明書発行通知書兼照会書に係る転送希望届 [PDFファイル/84KB]

必要な書類

交付時に必要な書類の一覧
 必要書類備考
1

通知カードまたは個人番号通知書

※令和2年5月25日以降、出生された方については、「個人番号通知書」の提示をお願いします。

通知カードは、マイナンバーカード受け取り時に返納していただきます。

※交付通知書(はがき)を持ってくるされる場合は、「個人番号通知書」の提示は不要です。

 

2交付通知書(はがき)回答書に、住所・氏名を記入してください。
3本人確認書類下記「本人確認書類」参照
※氏名・住所等が住民基本台帳と一致しているものに限ります。
※いずれも有効期限切れやコピーしたものは使用できません。
4住民基本台帳カード
(お持ちの方のみ)
マイナンバーカード受け取り時に返納していただきます。
※住基カードに格納した電子証明書は、失効します。
5代理権の確認書類

(申請者が15歳未満の方または成年被後見人の方のみ)

・申請者本人が15歳未満の場合、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
※周南市内に本籍がある方は不要です。また、住民票で法定代理人であると確認できた場合は、省略可能となる場合があります。

※上記書類を持ってくるされない場合、法定代理人であることを誓約する書類を記載していただきます。(申請者本人が来るしている場合に限ります)

 

・申請者本人が成年被後見人の場合、成年後見登記事項証明書

 

※本人確認のために口頭での確認をさせていただくことがあります。

代理人によるカード受け取りの手続き

申請者が病気、身体の障害その他やむをえない理由により、交付場所へお越しになることが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任できます。

また、申請者が交付時に未就学児であり来るすることが困難であるときは、法定代理人の方がカードを受け取ることができます。

(注意)学業・仕事が多忙等の理由では、代理人への交付はできませんので、予めご了承ください。

マイナンバーカード交付のための休日窓口を開設しておりますのでご検討ください。

代理人受け取り時に必要な書類の一覧
 必要書類備考 
1

申請者の通知カードまたは個人番号通知書

※令和2年5月25日以降、出生された方については、「個人番号通知書」

通知カードは、マイナンバーカード受け取り時に返納していただきます。

※交付通知書(はがき)を持ってくるされる場合は、「個人番号通知書」の提示は不要です。

 
2交付通知書(はがき)

回答書及び委任状に、住所・氏名を記入してください。

暗証番号も記入してください。

 
3申請者の本人確認書類下記「本人確認書類」参照
※氏名・住所等が住民基本台帳と一致しているものに限ります。
※いずれも有効期限切れやコピーしたものは使用できません。
 
4代理人の本人確認書類下記「本人確認書類」参照
※氏名・住所等が住民基本台帳と一致しているものに限ります。
※いずれも有効期限切れやコピーしたものは使用できません。
※顔写真付き身分証明書が1点必要です。
 
5住民基本台帳カード
(お持ちの方のみ)
マイナンバーカード受取り時に返納していただきます。
※住基カードに格納した電子証明書は、失効します。
 
6代理権の確認書類

・委任状等、申請者が代理人を指定した事実を確認できる資料
※交付通知書の「委任状」欄に記載があれば、省略できます

・申請者本人が15歳未満の場合、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
※周南市内に本籍がある方は不要です。また、住民票で法定代理人であると確認できた場合は、省略可能となる場合があります。

 
7申請者の来るが困難であることを証する資料

(例)診断書、障害者手帳、申請者本人が施設に入所している事実を証する書類、入院していることが分かる領収書(一か月以内に発行されたもの)、要介護認定された事実が分かる介護保険被保険者証 等

※未就学児の方については、必要ありません

 

本人確認書類

本人が窓口へお越しになる場合

↠下表(書類A)のうち1点または(書類B)のうち2点

代理人が窓口へお越しになる場合

  • 申請者本人の本人確認書類

    ↠下記(書類A)のうち2点または(書類A・B)をそれぞれ1点ずつまたは(書類B)を3点(うち写真付きを1点以上)
    ※15歳未満の方及び、病院・施設入所者の方で顔写真付書類をお持ちでない方については、事前に市民課へご連絡ください。(電話 0834-22-8339)
     
  • 代理人の本人確認書類

    ↠下記(書類A)のうち2点または(書類A・B)をそれぞれ1点ずつ

本人確認書類の一覧表

書類A
  • 運転免許証※1
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)※2
  • 在留カード※3
  • 特別永住者証明書※3
  • 旅券
  • 身体障害者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳
  • 一時庇護許可書または仮滞在許可書
  • 運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のもの)

※1:ICカード運転免許証をお持ちの方は、暗証番号を確認させていただくことがあります。
※2:有効期限期間と、暗証番号を確認します。
※3:ICチップ内を確認します。
※本人確認のために口頭での確認をさせていただくことがあります。

書類B

※「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載されているものに限ります

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)