ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長の動き > 令和3年度分 > 市長の動き(令和3年5月)
市長コラム

市長の動き(令和3年5月)

印刷用ページを表示する更新日:2021年5月31日更新 <外部リンク>

5月31日(月曜日)

令和3年第4回周南市議会定例会

周南市議会の令和3年第4回定例会が始まり、初日は、諸議案の提案説明などを行いました。会期は、6月23日までの予定で、6月2日から6月7日まで、一般質問が行われます。

令和3年第4回定例会

5月19日(水曜日)

第20回新型コロナウイルス感染症対策本部会議

5月18日から5月31日まで、「山口県新型コロナ感染拡大防止集中対策」が実施されることをうけ、第20回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。本市においても、5月に入り連日のように感染者が確認され、クラスターも発生しています。また、周辺の市においてもクラスターが発生し、感染者が急増しており、通勤通学等の往来による本市への影響も非常に懸念され、予断を許さない重要な局面が続いていることから、感染の拡大防止に、最大限の注意を払って対応する必要があります。市民の皆さまには改めて、「県外との往来の自粛」、「外出機会の半減」、「感染予防対策の徹底」をお願いいたします。

新型コロナウイルス対策本部会議

新人ボートレーサー来訪

第128期ボートレーサーとしてデビューする、石倉拓美選手と、藤本紗弥香選手が表敬訪問に来られました。石倉選手は5月28日からボートレース徳山で開催予定の「サンケイスポーツ杯」に、藤本選手は5月27日からボートレース下関で開催予定の「日本財団会長杯」に出場予定です。お二人の今後の活躍に期待しています!

新人ボートレーサー表敬訪問

5月17日(月曜日)

市長定例記者会見

「令和3年度敬老会の日記念行事の中止」等について、記者会見を行いました。

定例記者会見

5月15日(土曜日)

徳山大学公立化検討シンポジウム

市役所5階議会会議室にて、徳山大学公立化検討シンポジウムを新型コロナウイルス感染症拡大防止のためウェブ配信で開催しました。徳山大学公立化有識者検討会議からいただいた報告書で示された公立化のメリットや課題などを総合的に勘案し、大学をまちづくりに生かしていくという方向性のもと作成した、「徳山大学公立化についての考え方」を説明しました。

徳山大学公立化検討シンポジウム

5月14日(金曜日)

GI徳山クラウン争奪戦開設68周年記念競走表彰式

5月9日から開催されていた、「GI徳山クラウン争奪戦開設68周年記念競走」の優勝戦が行われ、原田幸哉選手が見事優勝を飾りました。

ボートレース徳山では、5月18日から「G3西部記者クラブ杯争奪 徳山オールレディース」が開催されます。たくさんの方のご来場をお待ちしています。

徳山クラウン争奪戦

第29回林忠彦賞受賞記念写真展オープニング

周南市美術博物館において、第29回林忠彦賞受賞記念写真展 笠木絵津子「私の知らない母」のオープニングが開催されました。5月23日まで開催しておりますので、一人でも多くの方に素晴らしい作品を鑑賞していただきたいと思います。

林忠彦賞受賞記念写真展

5月11日(火曜日)

周南文化協会総会

周南市文化会館にて、周南文化協会総会が開催されました。周南文化協会におかれましては、本市の文化活動の中心的な役割を担っていただいており、長年、加盟団体の活動支援をはじめ、様々な文化事業に取り組んでいただいております。市といたしましても、文化・芸術の灯を絶やさぬよう、感染症対策と両立しながら文化振興に努めてまいります。

周南市文化協会総会

岐陽中学校よりペットボトルキャップ贈呈

ペットボトルキャップを集めて世界の子供たちにワクチンを届ける「ペットボトルキャップ回収支援事業」に賛同された岐陽中学校から、各クラスが競い合って回収したペットボトルキャップ120kg(ワクチンにして60人分)を贈呈していただきました。

いただいたペットボトルキャップは、世界の子どもたちにワクチンを届けるために活用させていただきます。

岐陽中ペットボトルキャップ贈呈

中国市長会総会

中国市長会総会がWEB会議で開催されました。各県市長会から提出された要望議案を10項目の要望に取りまとめ、全国市長会に提案することになりました。

中国市長会総会

山一電設株式会社より寄附金贈呈式

山一電設株式会社より、創立60周年の記念として寄附金60万円を贈呈していただきました。いただいた寄附金は、ふるさと周南応援寄付金として取り扱わせていただきます。このたびは、誠にありがとうございました。

山一電設㈱より寄附金贈呈

 

5月7日(金曜日)

危険業務従事者叙勲の受章報告

第36回危険業務従事者叙勲で瑞宝双光章を受章された元消防職員の荒岡隆彦さんが、受章の報告に来られました。叙勲の受章、誠におめでとうございます。市民の安心・安全のために、永年にわたりご尽力いただきましたことに、改めて深く感謝を申し上げます。

消防関連叙勲受賞者表敬訪問